環境センサーの市場規模、2027年に27億米ドル到達予測

環境センサーの市場規模は、2021年の14億米ドルからCAGR10.3%で成長し、2027年には27億米ドルに達すると予測されています。 IOTやクラウドベースのサービスにおける継続的な技術進歩と、家庭用電化製品、HVAC、空気清浄機などの製品における環境センサーの採用が、同市場の成長を促進しています。さらに、家電製品や政府および公共事業分野での環境センサーの採用が拡大していることも、近い将来の需要を押し上げる要因となります。

COVID-19の環境センサー市場への影響

2020年にCOVID-19の影響で、主要経済国の政府によるロックダウンが実施されたため、製造活動に大きな影響がおよび、環境センサー市場は、低迷を余儀なくされました。さらに、北米、欧州、APAC(アジア太平洋地域)、その他の地域では、生産とサプライチェーンが混乱しています。また、家電製品を含む様々なアプリケーションでサプライチェーンの混乱や労働力不足が発生しました。ロックダウンの規制が解除されたにもかかわらず、渡航制限の影響から、製造業では必要な労働力を確保できませんでした。

COVID-19により、人々は健康への関心や環境汚染に対する意識を高め、空気質センサーを中心としたセンサーの必要性を認識するようになりました。さらに、ロックダウンは企業の日常的なワークスタイルに大きな混乱をもたらしており、中でもHVACセクターには多大な影響が及びました。環境センサー製造企業は現在、研究開発プロセスにおいて、開発サイクルを短縮するためのアジャイル手法の使用を増やし、デジタルプラットフォームを通じてエンドユーザー市場に近づくことで、顧客中心主義の徹底に向けて進化しています。

また、中国、インド、米国、ドイツなどの国でロックダウンが緩和され、多数の国でワクチンが展開されていることから、製造業は徐々にペースを取り戻し、環境センサー市場も2021年末には回復すると予想されています。

牽引要因:大気汚染防止のための厳しい環境規制

大気汚染は、汚染物質により周囲の環境条件に悪影響が及ぼされる問題です。様々な産業からの有害ガスの排出で引き起こされる環境問題への意識の高まりに伴い、水質や土壌の汚染を把握するための環境センサーの使用が増加しています。世界各国の政府は、厳しい基準や規制を設けるとともに、環境モニタリングシステムの使用を推奨しており、このことが環境センサー市場の成長を牽引しています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]