サイバーセキュリティの市場規模、2026年に3,454億米ドル到達予測

サイバーセキュリティの市場規模は、2021年の2,179億米ドルからCAGR9.7%で成長し、2026年には3,454億米ドルに達すると予測されています。同市場の成長は、さまざまな業種のグローバル企業において、サイバーセキュリティに対する意識が高まり、インフラへの投資が増加していることに起因しています。

COVID-19によるサイバーセキュリティ市場への影響

COVID-19パンデミック危機の中、政府や規制当局は、官民双方の組織に対し、遠隔地での作業や社会的な距離を保つための新たな慣行を取り入れることを義務付けました。それ以来、デジタルな方法でビジネスを行うことが、新しい事業継続計画(BCP)となりました。BYODデバイスの普及、WFHの傾向、インターネットの普及に伴うデジタル技術の利用、サイバーセキュリティ対策の必要性などが拡大しています。また、エンドポイントやVPN(Virtual Private Network)を利用したセキュリティ対策へのニーズも高まっており、このパンデミックの中で強固なセキュリティポリシーと対策を確保するために、サイバーハイジーン対策への需要が高まっています。

牽引要因:サイバーセキュリティメッシュの需要の増加

サイバーセキュリティメッシュは、セキュリティアーキテクチャに対する最新の概念的アプローチです。分散した企業が、最も必要とされる場所にセキュリティを導入および拡張することを可能にします。これは、ユーザーやコンピュータのアイデンティティを保護することを目的とした分散型の概念であり、現在急速に成長している戦略の1つです。その目的は、組織のネットワークへのアクセスを、オンプレミスかクラウドかに関係なく、承認されたユーザーまたはシステムに制限することです。理論的には、サイバーセキュリティメッシュは、IT専門家が各アクセスポイントからの保護を管理すると同時に、攻撃者のシステムへのアクセスの防御に役立ちます。企業は、個々のユーザーの周りにセキュリティ境界を構築し、ユーザーがあらゆる場所やデバイスから安全に資産にアクセスできるようにする必要があります。このモデルでは、ポリシーの適用は、デバイスではなく資産のためのクラウドサービスを通じて行われます。サイバーセキュリティメッシュでは、ITネットワークのすべてのデバイスやノードの周囲に単一の境界を構築するのではなく、各アクセスポイントの周囲に小規模な個別の境界を確立する、ITセキュリティインフラを実装します。

抑制要因:低いサイバーセキュリティ予算と高い導入コスト

新興のスタートアップ企業におけるサイバーセキュリティの予算は、次世代ファイアウォール(NGFW)や高度な脅威防御(ATP)ソリューションを導入するには不十分です。資金不足は、発展途上国の小規模企業におけるサイバーセキュリティソリューションの導入を制限する主な要因となります。資金力が乏しいため、これらの企業では適切なITセキュリティインフラが不足し、新技術や企業のセキュリティソリューションの導入が遅れることになります。小規模企業は、事業継続のために計画された予算資金の適切な管理が課題となっています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]