電流センサーの市場規模、2026年に38億米ドル到達予想

電流センサーの市場規模は、2021年の23億米ドルからCAGR10.8%で成長し、2026年には38億米ドルに達すると予想されています。同市場の成長を促進する主な要因としては、バッテリー駆動システムの利用拡大と再生可能エネルギーへの注目の高まり、ホール効果電流センサーの高い採用率、家電業界での需要拡大などが挙げられます。電流センサーを使用したIoTやIIoTの展開、ハイブリッド車や電気自動車の製造の増加は、COVID-19の状況下で、効率的な産業活動のための強い需要を生み出しています。

COVID-19の電流センサー市場への影響

電流センサー業界は、家電製品への投資の増加、電気自動車やハイブリッド車の製造の増加、ビルディングオートメーション分野の成長などにより、過去10年間でかつてない成長を遂げてきました。しかし、COVID-19の影響で、需要と供給が同時に崩壊し、業界に大きな打撃を与えています。このパンデミックの影響から産業界が回復すれば、同市場は再び成長の勢いを取り戻すことが期待できます。

COVID-19パンデミックは、世界のサプライチェーンに深刻な混乱をもたらし、現在のセンサーやソリューションの供給を制限しています。そのため、エンドユーザーセグメントで予測されて市場の成長は低迷することが考えられます。社会的な距離を置くことが、この病気の蔓延を抑制するための最も重要な手段であるため、多くのエンドユーザーは、一時的な操業停止、従業員の解雇、遠隔操作への移行を余儀なくされています。

牽引要因:バッテリー駆動システムの利用拡大と再生可能エネルギーへの関心

バッテリー駆動システム市場は、ポータブル電子機器、自動車、無停電電源装置(UPS)市場の拡大を背景に、急速に成長しています。また、再生可能資源への投資の増加や電気自動車の急速な普及が、電池駆動システム市場の成長を後押ししています。電池式システムは、太陽光発電システムと風力発電システムの両方に応用されています。このように、再生可能エネルギープロジェクトが増加していることが、結果的に電流センサー市場の成長を促進すると予想されます。

抑制要因:価格圧力による平均販売価格の低下

電流センサーは、自動運転車、通信機器、家電製品、ヘルスケア機器などへの応用が拡大しており、出荷台数が拡大しています。一方で、価格の低下により売上高の伸びが大きく制限されています。これは、センサーメーカー間の競争が激化していることに起因しています。ASP(平均販売価格)の低下は、サプライヤーの利益率の縮小につながり、最終的には、センサー市場の収益成長を制限します。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]