エンタープライズコンテンツ管理の市場規模、2026年に377億米ドル到達予想

エンタープライズコンテンツ管理(ECM)の市場規模は、2021年の236億米ドルからCAGR9.8%で成長し、2026年には377億米ドルに達すると予想されています。市場の成長を促進する主な要因には、企業の情報ガバナンスの強化、セキュリティの強化、自動化されたワークフローによるビジネスプロセスの最適化、反復的な手作業を排除したビジネスプロセスの合理化など、可視性と制御性を向上させた規制遵守基準や監査管理への需要の高まりが挙げられます。

BFSI、小売・消費財、政府・公共機関、ヘルスケア・ライフサイエンス、メディア・エンターテイメント、通信、IT・ITeS、製造業など、さまざまな業種の企業や中小企業の間でECMソフトウェアの導入が進む要因は、クラウドと、デジタルトランスフォーメーションの採用にあります。APAC(アジア太平洋)とMEA(中東・アフリカ)の発展途上国は、ベンダーに多くの機会を提供すると予想されます。COVID-19パンデミックとリモートワーク環境の普及は、企業が克服すべき新たな複雑な障壁を生み出しています。新型ウイルスの大流行により、多くの企業は、業務を簡素化し、効率化する文書管理ソリューションを早急に見つけようと躍起になっています。

COVID-19のエンタープライズコンテンツ管理市場への影響

COVID-19パンデミックは、エンタープライズコンテンツ管理市場にプラスの影響を与えています。ECMソリューションは、オフィスでも遠隔地でも、場所を問わずビジネスに不可欠な情報へのアクセスを可能にします。さまざまな業種の企業が、ECMソリューションを活用して、ワークフローの効率化、ストレージ、セキュリティ、コンプライアンスの向上を図り、買掛金、売掛金、人事、契約コラボレーションなどの分野でビジネス情報の流れを簡素化しています。

牽引要因:企業の情報ガバナンス強化に向けた、規制遵守基準と監査管理の需要増

監査はあらゆる組織にとって重要な工程です。今日、企業は、サーベンスオクスリー法(Sarbanes-Oxley Act)、HIPPAによる厳格なセキュリティの義務化、OSHA、SECなどの連邦規制や義務化に準拠するために、ITシステムや内部プロセスを大幅に変更しています。 エンタープライズコンテンツ管理は、各ドキュメントへのアクセス履歴やトランザクションを提供する監査証跡を内蔵しているため、この作業を容易に行うことができます。政府の規制では、多様なデータや文書の管理が求められ、その要件は非常に複雑です。優れたECMは、チェックリスト、標準フォーム、自動整理などの手段を用いて、規則へのコンプライアンスを確保します。ボタンをクリックするだけで、監査人が必要とするものを正確に表示することができ、承認履歴や監査証跡があるため、文書の追跡性が高く、セキュリティ上の期待に応えることができます。同時に、監査への準備を整え、訴訟から組織を守るための手段となり、罰金や罰則の排除を可能にします。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]