銀行キオスクの市場規模、2026年に13億1,100万米ドル到達予測

銀行キオスクの市場規模は、2021年の7億4,400万米ドルからCAGR12.0%で成長し、2026年には13億1,100万米ドルに達すると予測されています。銀行や金融機関でのセルフサービスへの需要の高まり、銀行キオスクによる顧客サービスの向上、運用コストの削減などが、同市場を牽引する主な要因となっています。

COVID-19の銀行キオスク市場への影響

COVID-19パンデミックは、自動車、半導体、エネルギーなど様々な産業に影響を及ぼし、世界的なロックダウン、労働力や原材料の不足などにより、製造部門はかなりの打撃を受けています。銀行キオスク市場は、2020年の成長率が大幅に低下しました。これは、主要プレーヤーが中国に拠点を置いていたことに起因しています。現在、プレーヤーは営業収益の維持・創出に注力しています。

従来の現金自動預け払い機(ATM)は、現金や小切手の預け入れ、現金の引き出しなどの基本的な機能を備えていますが、それ以上のサービスや体験を提供することはできません。銀行キオスクでは、口座の開設・閉鎖、請求書やローンの支払い、財務諸表の照会、通帳を使った現金の出入金など、銀行業務のすべての操作を、ユーザーフレンドリーな環境で行うことができます。

抑制要因:サイバー犯罪の増加

銀行キオスクは、メンテナンス、規則の順守を怠ると、盗難やセキュリティ上の問題が発生する場合があります。銀行キオスクの決済には、第三者による情報の悪用を避けるため、本人認証のための身分証明書が必要になります。銀行キオスクやカードの悪用は、主要なサイバー犯罪です。公共のキオスクはハッキングの対象となるため、顧客はこのようなオンラインサービスを避ける傾向があります。マルウェアの攻撃は、多くの組織にとって一般的な脅威となっており、適切な防御策を講じなければ、インフラにダメージを与える可能性があります。

市場機会:アジア太平洋地域の銀行セクターにおける非接触型決済の導入

ICICI Bank Limited(インド)やState Bank of India(インド)などの多くの銀行は、Tech Mahindra Limited(インド)やAditya Birla Minacs(インド)などの銀行キオスクサービスプロバイダーとともに、NFCベースの非接触型決済を導入しています。NFCを搭載した携帯電話を使用すると、ユーザーは携帯端末を介して決済を行うことができます。企業は銀行キオスクをアップグレードして、高度なセキュリティ、コスト削減、および新しいサービスの展開を確保しようとしています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]