食品消毒の市場規模、2025年に149億米ドル到達予測

食品消毒の市場規模は、2020年の122億米ドルからCAGR4.1%で成長し、2025年には149億米ドルに達すると予測されています。食中毒やアウトブレイクの増加、消費者の食の安全に対する意識の高まり、環境に配慮したソリューションに対する需要などの要因が、食品消毒市場の成長を後押ししています。

COVID-19の食品消毒市場への影響

パンデミックの影響で、食品・飲料メーカーはウイルス感染予防の必要性に関心を持つようになりました。ウィルス感染は、個人の成長、腸の健康、パフォーマンスに悪影響を及ぼします。食品・飲料用殺菌栄養剤は、ウイルス感染の可能性を防ぎ、万が一ウイルス感染した場合には、健康と免疫機能の改善に役立ちます。過酸化水素、塩素化合物、第4級アンモニウム化合物、カルボン酸、アルコールなどの食品・飲料用殺菌化学物質は、製品に対する役割とともに、加工・包装業界のアプリケーション領域の除菌にも役立ちます。食品・飲料加工に使用されるこれらの殺菌用化学物質は、製品の保存性を高める上で重要な役割を果たしています。パンデミックは、結果として、食品消毒市場の成長にポジティブな影響を与えています。

牽引要因:食中毒の発生件数の増加とアウトブレイク

急速な都市化とライフスタイルの変化により、公共の場で調理された食品を食べる人が増えています。食中毒が発生する経路はいくつか挙げることができます。例えば、ハーブやスパイスなどが病原性微生物を保有していた場合、食品の腐敗や食中毒の原因になることがあります。また、汚染された食品や不適切に殺菌された食品を摂取することで、細菌、寄生虫、ウイルスなどの有害な微生物にさらされ、重篤な病気を引き起こす可能性があります。

米国疾病予防管理センター(CDC)の推計によると、米国では毎年、4,800万人が食中毒で体調を崩し、12万8,000人が食中毒で入院しています。また、欧州では毎年約5,000人が食中毒で死亡しています。WHOの推計によると、世界的に一人当たりの食中毒の負担が最も大きい地域はアフリカです。また、食中毒による死亡者数が最も多い地域は、アフリカと東南アジアです。

抑制要因:最小限の加工を施した食品の需要増

アメリカ、ドイツ、イギリス、フランスなどの先進国における、消費者の、オーガニック食品への需要、食習慣の変化、食品安全リスクへの意識の高まりなどが、調理済み食品や食品消毒の市場を制限しています。世界では、食品アレルゲン、放射線照射、化学保存料などへの、食品安全問題が議論されており、消費者にとって大きな関心事となっています。先進国では高齢化が進み、健康への関心が高まっています。そのため、化学保存料や熱、放射線を使用しない、加工度の低い食品が好まれています。メーカーは有機食品や自然食品を化学的に殺菌することを避けており、殺菌剤の成長が鈍化しています。

市場機会:加工食品の包装と保存の向上

野菜や肉製品などの食品は、保存期間を長く保つために適切な包装が必要です。食品自体への殺菌は消費者に好まれないため、メーカーは包装に様々な殺菌技術を駆使しています。蒸気、超音波やオゾンなどを使用した最新技術は、殺菌をより迅速に行うことができ、食品の品質を向上させることができるため、食品・飲料メーカーで使用が増えています。これは、同時に包装された食品の変形を減らすこともできます。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]