中空糸ろ過の市場規模、2026年に5億9700万米ドル到達予測

中空糸ろ過の市場規模は、2021年の3億300万米ドルからCAGR14.5%で成長し、2026年には5億9700万米ドルに達すると予測されています。中空糸ろ過市場の成長は、連続生産への嗜好の高まり、シングルユース技術の使用増加、バイオ医薬品産業の勃興などの要因によってもたらされています。また、新興国の成長や、細胞を使った研究への投資の増加は、中空糸ろ過市場のプレーヤーに大きな市場機会をもたらすと考えられます。

COVID-19の中空糸ろ過市場への影響

世界保健機関(WHO)は、COVID-19の発生を正式にパンデミックと宣言しました。同市場のプレーヤーのみならず、既存の製薬・バイオ製薬会社は、COVID-19感染症を標的とした治療法やワクチン製造に中空糸ろ過を採用することで、世界的な研究活動に貢献しています。

まず、COVID-19パンデミックの出現は、ワクチン開発に新たな機会を提供します。異なる種類のワクチンを大量生産し、品質基準を継続的に改善することで市場に好影響を与えます。そして、新たに登場した中空糸膜ろ過技術は、せん断力が穏やかで、塵埃の保持能力が高く、操作が柔軟で、長寿命、低コスト、増幅が容易などの利点があり、ワクチンなどのバイオ医薬品やライフサイエンス研究分野での幅広い利用が期待されます。さらに、中空糸膜ろ過技術、マイクロキャリアセルボールトランスファー増幅培養技術、高選択性クロマトグラフィー新フィラー技術を組み合わせることで、大規模なワクチン製造の課題に適応することができます。

これらの点から、COVID-19は中空糸ろ過市場に一定のプラスの影響を与えていると言えます。中空糸ろ過は、今後、生物製剤やワクチンの製造における重要なステップと言えます。

牽引要因:バイオ医薬品産業の成長

多くの企業が生物製剤やバイオシミラーの開発に多額の投資を行っています。探索段階にある医薬品候補の半分以上は、タンパク質、ペプチド、モノクローナル抗体などの生物製剤です。生物製剤は、今後数年間で、上位100品目の医薬品が生み出す収益の約半分を占めると予想されています。2019年、米国FDAは48の新薬と生物製剤を承認しました。生物医薬品企業による生物製剤やバイオシミラーの開発への投資が拡大していることから、承認された製品数や生物医薬品の製造が増加することが期待されます。これまで低分子医薬品が医薬品市場を支配してきましたが、生物製剤をベースにした新しい医薬品の発売や既存の生物製剤の収益増加により、生物製剤、バイオシミラー、大分子医薬品のシェアが拡大しています。バイオプロセス産業において、ろ過は、バイオ医薬品の分離、単離、精製のための標準的な単位操作として、必要不可欠なステップとなっています。また、組換えタンパク質、ワクチン、遺伝子治療、細胞治療製品にとっても非常に重要です。 バイオ医薬品の需要拡大に対応するため、企業は、中空糸フィルターを利用した灌流システムなどのろ過システムを含む、プロセス全体にわたる高度なバイオプロセスシステムの導入に注力しています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]