マルチチャネル受注管理の市場規模、2026年に39億米ドル到達予測

マルチチャネル受注管理の市場規模は、2021年の23億米ドルからCAGR11.2%で成長し、2026年には39億米ドルに達すると予測されています。COVID-19状況下における、デジタル体験を通じた新たな顧客エンゲージメントを目指す組織の動きの加速、小売・eコマース業界の活況、マルチチャネル販売の成長、運用・初期コストの安さ、インターネットユーザー数の急増など、さまざまな要因がマルチチャネル受注管理のソリューションやサービスの導入を促進すると予想されます。

COVID-19がマルチチャネル受注管理市場に与える影響

COVID-19ウイルスが蔓延したことで、アウトブレイクや輸送の遅れは壊滅的な影響を及ぼし、倉庫の閉鎖や物資の不足・遅延によるシャットダウンを引き起こしました。また、グローバルなサプライチェーンの崩壊により市場は苦戦を強いられました。このパンデミックにより、Eコマースは加速し、オムニチャネルの流通もブームになり始めました。倉庫では、小売店向けのフルケースのピッキングから最終顧客向けの個別商品のピッキングへの移行が見られ、複数の配送オプションを管理する必要が生じました。Eコマース需要の急増により、オムニチャネル流通の傾向はより長く続き、倉庫や配送センターでは、この流通をサポートするための高度なプロセス、技術、ソフトウェアが求められています。

牽引要因:デジタル体験を通じた新しい顧客エンゲージメント

パンデミック時には、デジタルチャネルの利用が急増しました。企業のデジタルエクスペリエンスへの投資は、新しい生活スタイルや働き方を反映したものです。顧客がデジタル化を進め、維持していく中で、パンデミック危機後もデジタルエクスペリエンスに対する期待は高まり続けています。企業は、各地のロックダウンにより、オンラインショッピングが大きく変化しているのを目の当たりにしています。そのため、企業は複数のオプションやプラットフォームを提供して、顧客の自宅の玄関先に商品を提供しています。在宅時間が長くなったことで、消費者はデジタルエンゲージメントをより積極的に利用するようになり、一方で、eコマース、モバイル金融、ビデオ会議などのデジタルプラットフォームを使ったオンライン用途に抵抗を感じていた個人が、デジタルエンゲージメントを持つ顧客として台頭してきています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]