空カプセルの市場規模、2026年に37億米ドル到達予測

空カプセルの市場規模は、2021年の26億米ドルからCAGR7.2%で成長し、2026年には37億米ドルに達すると予測されています。空カプセル市場の成長は、高齢者人口の増加に伴うカプセル製剤の採用の増加、医薬品市場の成長、研究開発活動や臨床試験の増加、カプセルデリバリー技術の進歩などが主な要因となっています。また、製造コストの安い新興市場の存在や、ハラルゼラチンやベジタリアン向けのカプセルの開発は、プレーヤーにとって大きなチャンスになることが予想されます。

COVID-19の空カプセル市場への影響

COVID-19による感染症を対象とした治療法やワクチンの開発には、既存の製薬会社や小規模な新興企業が参入しています。製薬会社やバイオテクノロジー企業、研究所、学術研究機関におけるワクチン関連の研究活動は必要不可欠なものと考えられており、COVID-19の影響をほとんど受けていません。研究活動の活発化に伴い、研究費の確保も増加すると予想されます。

2020年にはCOVID-19のパンデミックが発生し、サプライチェーンの混乱や生産ユニットへの政府規制の発動などにより、同市場にマイナスの影響を与えました。connect2indiaによると、2020年のCOVID-19カプセルの輸出は、2019年比33.0%減少しました。しかし、全体としては、このパンデミックは今後数年間の空カプセル市場の成長にプラスの影響を与えると予想されます。

COVID-19のパンデミックにより、マルチビタミンなどの栄養補助食品の需要が増加しています。安全性の問題を考慮して、COVID-19ワクチンの開発は、製薬会社によりカプセルで提供されています。

牽引要因:栄養補助食品の需要増加

栄養補助食品市場は、2020年の1,621億米ドルからCAGR7.0%で成長し、2025年には2,275億米ドルに達すると予測されています。栄養補助食品は通常、食物繊維、抗酸化物質、心臓に良い成分、ビタミン・ミネラル、オメガ3脂肪酸、ビタミンD、カルシウム、全粒粉などを豊富に含んでいます。

ここ数年、がん、糖尿病、心臓病、肺疾患などの非感染性疾患の増加に伴い、栄養補助食品の需要が増加しています。また、COVID-19パンデミックの際には、世界各国で個人の健康が重視されるようになりました。この傾向により、栄養補助食品業界は今後数年間でさらに拡大し、成功すると考えられます。ほとんどの栄養補助食品はカプセルの形で販売されているため、空カプセル市場の成長にポジティブな指標となります。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]