特殊検査の市場規模、2026年に363億米ドル到達予測

特殊検査の市場規模は、2021年の210億米ドルからCAGR11.6%で成長し、2026年には363億米ドルに達すると予測されています。特殊検査市場の成長は、主に慢性疾患や感染症の発生率の上昇、精密医療における特殊DNAシーケンス技術の利用拡大、がんの早期診断、個別化医療の進展などが主な要因となっています。

アジア諸国の新興市場は、市場のプレーヤーに成長機会を提供すると予想されます。一方で、特殊検査の償還が不十分であることが、市場の成長を一定程度制限する可能性があります。特殊検査市場は、タイプ、技術、エンドユーザー、地域に基づいて分類されています。

COVID-19の特殊検査市場への影響

COVID-19パンデミックの発生により、特殊検査市場の成長は低迷しました。2020年の第1四半期にロックダウンが課せられたことにより、オペレーション上およびロジスティック上の課題に直面しました。最終的には、COVID-19の患者が大量に流入し、各地域で大規模な診断が求められるようになったため、企業は特殊検査からCOVID-19の診断に焦点を移しました。

牽引要因:高齢者人口の増加、慢性疾患や感染症の蔓延など

糖尿病、心血管疾患、がんなどの慢性疾患は、世界的に増加傾向にあります。また、デング熱、B型肝炎、C型肝炎、HIV、マラリア、結核などの感染症の流行も憂慮すべき速さで増加しています。このような疾患の早期かつ効果的な診断のために、特殊検査の認知度が高まっています。進化した特殊検査の技術は、より高い有効性、検出限界、および感度の高い迅速な結果を提供します。また、がんの早期診断や精密医療、個人医療において、特殊DNAシーケンシング、NGS技術、全ゲノムシーケンシングの利用が増えていることも、市場の成長を後押ししています。

抑制要因:特殊検査の償還が不十分であること

不十分な償還は、特殊検査市場の成長を抑制する大きな要因です。メディケアによる精密医療や個別化医療の適用範囲は非常に限られています。ここ数年、診断検査の償還額が減少しており、検査量に悪影響を及ぼしています。これは、メディケア、メディケイド、その他の第三者支払機関、特にマネージドケア組織(MCO)による検査サービスの利用に対する管理が強化されたことによるものです。

市場機会:特殊検査の新技術と新興国の存在

バイオマーカー分析、デジタルPCR、NGS、パイロシークエンシング、サンガーシークエンシング、デジタルマイクロ流体プラットフォーム、高度な分子表現型技術などの新技術は、市場の成長を促進すると予想されます。インド、中国などの新興国は、特殊検査市場で活動する大手企業に潜在的な成長機会を提供すると予想されます。これは、高齢者人口の増加、慢性疾患や感染症の蔓延、医療インフラの整備、可処分所得の増加などが要因として挙げられます。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]