耐火性繊維の市場規模、2026年に43億米ドル到達予測

耐火性繊維の市場規模は、2021年の32億米ドルからCAGR6.1%で成長し、2026年には43億米ドルに達すると予測されています。耐火性繊維は、爆発や火炎への直接暴露、アーク放電などの際の保護バリアとして使用されます。これらの生地は、溶融せずに燃焼に耐えるように設計されています。耐火性繊維には、もともと耐火性を持つものと、処理を施したものがあります。

これらの生地は、技術の向上と厳しい規制により、様々な用途で使用されています。耐火性繊維は、化学、石油・ガス、電気などの火気にさらされたり、火災事故のリスクが高い産業で採用され、確実な成長を遂げています。さらに、耐火性繊維市場は、化学、建設、石油・ガスなどの最終用途産業からの需要の増加により拡大しています。

COVID-19が耐火性繊維市場に与える影響

COVID-19パンデミック中、サプリチェーンの混乱により、約2年間、産業、製造業、鉱業が停止し、耐火性繊維業界では、防護服の製造が中断しました。耐火性繊維を作るための原材料の価格変動や、COVID-19のパンデミックの影響が、耐火性繊維市場の成長を妨げています。一方、DuPont社のような企業は、この状況下に一歩先んじて、耐火性を備えた、有害な化学物質からの保護も可能なフェイスシールドを開発しました。

牽引要因:石油・ガス産業の需要増

耐火性繊維市場の主要な業界は、石油・ガス産業です。また、それ以外にも、建設・製造業、軍事、消防・法執行機関、自動車、鉄道、航空機、海洋などのエンドユース産業で、広く耐火性繊維が使用されています。防護服は、石油・ガスの最終用途産業において、探査現場の高温で過酷な作業条件から作業員を守るために使用されます。このような危険な作業環境では、耐火性防護服の使用は必須です。

抑制要因:高い製造コスト

耐火性繊維の高い製造コストは、市場の抑制要因の一つです。耐火性繊維は、原材料のコストが高く、製造に関わる高度なプロセスが必要なため、非常に高価です。また、生産技術の複雑さとそれに伴う研究開発費も、市場の成長を制限しています。さらに、エネルギー価格の変動も、耐火性繊維のコストに影響を与えます。これらに起因した価格の上昇は、耐火性繊維のコストに直接影響を与えます。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]