エンドウ豆でんぷんの市場規模、2026年に2億300万米ドル到達予測

エンドウ豆でんぷんの市場規模は、2021年に1億4300万米ドルからCAGR7.2%で成長し、2026年には2億300万米ドルに達すると予測されています。エンドユーザー用途の需要の伸びが、エンドウ豆でんぷん市場の成長を牽引しています。また、グルテンフリー製品の需要が増加していることも、同市場の需要増加の要因となっています。

COVID-19がンドウ豆でんぷん市場に与えた影響

COVID-19は、北米、欧州、アジア太平洋、南米、その他すべての地域のフードサプライチェーンに大きな影響を与えました。政府の厳しいロックダウンの規制は、経済のあらゆる側面に影響を与えています。各国政府は、サプライチェーンの混乱、原材料価格の上昇、従業員への深刻な経済的影響を避けるための対応に追われています。各国の企業は、製品を細菌や汚染から守る革新的な技術を開発しています。

牽引要因:各産業におけるエンドウ豆でんぷんの需要の成長

エンドウ豆でんぷんは、繊維産業においてサイジング(糸の糊付け)や綿糸に広く使用されています。デサイジングが容易で様々な特性があるため、接着剤成分のでんぷんは、サイズミックスのプロセス中に、要求に応じてカスタマイズすることができます。さらに、エンドウ豆でんぷんは、トウモロコシ、小麦、ジャガイモのでんぷんに比べてコスト効率が高く、綿やレーヨンと比較的似た化学的特性を持っています。近年、繊維産業は、ウール、コットン、ジュート、シルクなどの原材料が豊富にあることから、成長を遂げています。豆でんぷんは、布を織った後の仕上げやサイジング、織る前のラップサイジング、一部の布のプリントなどに広く使われています。また、家庭や商業施設での洗濯にも使用されおり、繊維産業でのエンドウ豆でんぷんの使用量の増加は、市場の成長を促進すると予測されます。

また、エンドウ豆でんぷんは、潜在的な食品成分として機能します。そのでんぷんは、他のでんぷんに比べてアミロースの割合が高いのが特徴です。アミロースは、せん断減粘に強く、ゲル化温度およびゲルの弾力性が高く、後戻りが速いなど、数多くの特性があります。グルテンフリーの麺類、ソーセージや肉製品などの食品には、高いゲルの弾力性と速い逆戻りが必要となります。さらに、押し出し成型のスナックや缶詰では、高温でのせん断減粘に対するスターチペーストの耐性が重要となります。エンドウ豆のデンプンは、食品の一貫性と食感を向上させるための効率的な原料となります。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]