マネジメントシステム認証の市場規模、2026年に325億米ドル到達予想

マネジメントシステム認証の市場規模は、2021年の251億米ドルからCAGR5.3%で成長し、2026年には325億米ドルに達すると予想されています。これは、ヘルスケアやIT・通信業界における試験・計測製品の需要の高まりに起因しています。

COVID-19がマネジメントシステム認証市場に与える影響

COVID-19パンデミックにより、職場の閉鎖、旅行の制限、従業員の在宅勤務という選択肢が生まれ、企業の運営に課題が生じています。2020年から2021年度はパンデミックの影響で、市場は一桁成長になると予想されます。幅広い応用分野で認証サービスを提供している企業は、2019年までは緩やかな成長率を示していましたが、パンデミック以降は、製品認証とマネジメントシステム認証の両方のサービスの採用が減少しています。

牽引要因:製造業における顧客維持率向上への関心の高まり

高品質な製品は、顧客満足と顧客維持を実現し、製品リコールのリスクとコストの削減に役立ちます。企業は、品質管理基準に従うことで、競争力を得ることができます。さらに、信頼できる機関が提供する主要な認証は、企業のビジネスの信頼性と効率を向上させるのに役立ちます。企業は、広告やマーケティング戦略を通じて顧客とコミュニケーションをとり、製品の品質を保証します。その結果、多くの人がブランドや認証を受けた製品を求めるようになり、ブランド企業の収益につながります。さらに、政府は人々の安全を確保するために、認証された製品やサービスの使用を奨励します。このように、製造企業が市場での地位を維持するために、高品質な製品やサービスを提供することで、マネジメントシステム認証のプレーヤーは、多様な業界を取り込むことができます。

抑制要因:国ごとに異なる規格や規制

貿易のグローバル化に伴い、それぞれの地域の異なる規制や標準が、製品の国際的な受け入れに障害をもたらす可能性があります。ローカル基準と国際基準の間の矛盾は市場の成長を妨げます。また、地域ごとの規制基準は、税率の不一致につながり、問題の処理にあたる人員など、企業の追加コストを発生させます。認証企業は現地の法律の適用を受け、事業を展開する国の規制や規範に従わなければならないため、その効率性が制限される可能性があります。また、標準化や認証会社が提供する認証サービスの質に関連して、製品の不具合や機能の乱れなどのリスクが常に存在します。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]