鉄道テレマティクスの市場規模、2026年に73億米ドル到達予測

鉄道テレマティクスの市場規模は、2021年の51億米ドルからCAGR7.5%で成長し、2026年には73億米ドルに達すると予測されています。貨物鉄道業界の将来は、より大規模な鉄道車両ネットワーク上で技術を活用する、スマートなデジタル輸送システムに依存すると予想されます。統合サービス管理、資産管理、予測分析、衝撃検知、自動在庫管理などの新技術により、鉄道管理会社は最適なルート、スケジュール、容量、遊休車両などをほぼリアルタイムで管理できるようになります。鉄道輸送におけるスマートテクノロジーの存在感が高まっていることから、関連するソリューションやサービス市場も高い成長が見込まれています。冷凍貨車の管理や、鉄道車両の到着予定時刻の推定などの新しい技術は、効率的でより良い貨物鉄道輸送を可能にすると期待されています。また、資産の配置や利用、車両のメンテナンスなどの問題について、タイムリーな意思決定も可能になります。

2021年は、北米市場が最大シェアを占めると考えられます。Siemens(ドイツ)、Bosch(ドイツ)、Knorr-Bremse(ドイツ)、Amsted Digital(米国)などのOEMが存在し、鉄道テレマティクスへの投資を行っていることが、同地域の成長を促進する大きな要因となっています。例えば、2020年には、GATX corporation、Norfolk Southern、Genesee & Wyoming、Watco、Trinity Railなどの米国の大手鉄道会社が合弁会社Rail Pulseの設立を発表しており、近い将来、北米の鉄道車両へのGPSなどのテレマティクス技術の導入が加速すると予想されます。これにより、鉄道車両の位置や状態の監視が改善され、貨物輸送会社間の鉄道分野での競争力が高まることが期待されます。技術の進化に伴い、鉄道車両の安全性やその他のソリューションが鉄道車両の所有者に採用されることが予想されます。新しいテレマティクス技術により、鉄道車両の所有者は、鉄道車両の積載状況、搭載されているベアリングの温度、ドアやハッチの開閉状態、車輪の衝撃検知データなどを取得できるようになり、鉄道車両のフリートの効率的な運営、テクノロジーを使用したデータ管理、遊休車両の利用やメンテナンス、鉄道車両のターンアラウンドタイムの短縮、ストックの管理などを改善することが可能になります。今後、鉄道車両のリース事業者によるテレマティクスソリューションの導入が進んでいることが、鉄道テレマティクス市場をさらに牽引すると予想されます。

COVID-19 の鉄道テレマティクス市場への影響

メーカーは、ボトルネックを防ぐために生産調整を行い、OEMやそのフランチャイズサービスセンターからの需要に応じて生産計画を立てることが予想されます。特に米国や欧州主要国では、そのパンデミックの深刻さから、鉄道生産工場、関連する研究開発センター、鉄道保守センターの再開は当面期待できません。COVID-19の蔓延により各国政府が鉄道部門への予算配分を削減したことや、米州および欧州の公共交通部門の需要が減少したことが、市場の需要減少の原因となっています。

牽引要因:政府によるスマートレールウェイへの取り組み

都市化の進展に伴い、スマートシティへの進化が進んでいます。各国政府は、より良い交通インフラを提供し、公共交通機関の運営活動を迅速化するために、スマートシティ構想に取り組んでいます。スマート鉄道システムの展開には、通信事業者、インフラストラクチャプロバイダー、サービスプロバイダー、メーカー、公共部門、ユーザーグループなどのさまざまな利害関係者による共同の取り組みが必要です。政府当局は、民間企業が輸送プロジェクトの展開と資金調達のために政府のスマート鉄道イニシアチブに参加できるようにする官民パートナーシップ(PPP)モデルを採用しています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]