プラスチック添加剤の市場規模、2026年に599億米ドル到達予測

プラスチック添加剤の市場規模は、2021年の456億米ドルからCAGR5.6%で成長し、2026年には599億米ドルに達すると予測されています。同市場の成長は、主に包装分野での需要の高まりがきっかけとなっています。パッケージングは産業用や家庭用に広く使用されており、ライフスタイルの変化やグローバル化に伴い、パッケージ産業の成長がプラスチック添加剤市場を押し上げています。また、同市場の成長は、日常的な用途でのプラスチックの使用が増加していることも要因になっています。プラスチック添加剤の一般的な用途としては、屋根材、貯蔵容器、パイプ、ケーブル、電子機器、玩具、台所用品、安全装置、化粧品、家庭用品、シートベルト、ドアパネル、温室用フィルム、サイレージシートなどが挙げられます。 また、インド、ブラジル、メキシコなど、新興国の工業部門の発展も、市場を牽引しています。

COVID-19がプラスチック添加剤市場に与える影響

2020年は、COVID-19パンデミックにより多くの産業が低迷しました。欧州、南米、北米はCOVID-19の感染者数が特に多く、地域を問わず産業活動に影響が出ました。自動車部品、パイプ・継手などのプラスチック建設資材、消費財など最終製品の需要が減少し、2020年のブラックマスターバッチの需要が減少しました。一方、産業活動や建設活動は徐々に回復しており、今後は最終製品向けのプラスチック添加剤の需要が増加すると予測されます。

牽引要因:従来の材料からプラスチックへの置き換え

プラスチック添加剤は、包装、建築、自動車、消費財、繊維、農業、医療など、数多くの用途に使用されています。プラスチック添加剤市場の成長は、これらの市場セグメントの好転によってもたらされると予想されます。特にエンジニアリングプラスチックは、金属、ガラス、紙、セラミックなどの従来の材料に比べて、優れた機械的・電気的特性、高い耐摩耗性、優れた耐薬品性を持っています。継続的な技術革新と軽量化の必要性が、従来の材料から高機能なプラスチックへの置き換えを促進しています。

抑制要因:プラスチック業界に対する政府の厳格な規制

石油由来のプラスチックの使用を禁止する規制や提案は、プラスチック添加剤の売上に影響を与える可能性があります。多くの科学的研究が、難燃剤や可塑剤などのプラスチック添加剤使用の制限を支持しています。このような規制ガイドラインにより、欧米では、臭素系・塩素系の高付加価値難燃剤の使用が制限されており、市場から段階的に排除されていくことが予想されます。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]