マイクロ灌漑システムの市場規模、2026年に151億米ドル到達予想

マイクロ灌漑システムの市場規模は、2021年の97億米ドルからCAGR9.3%で成長し、2026年には151億米ドルに達すると予想されています。同市場の成長を促進している要因は、限られた面積でより多くの収穫が求められていること、温室野菜の生産が急増していること、マイクロ灌漑システムにおける人工知能の利用が増加していることなどが挙げられます。

COVID-19のマイクロ灌漑システム市場への影響

COVID-19パンデミックは、水・エネルギー・エコシステム・食糧の各分野で複雑かつ広範囲に影響を及ぼし続けています。灌漑産業は、農村部での何億人もの農業従事者の雇用を可能にするものであり、食糧生産システムを機能させ、世界の貧困層の生活を支え、節水型の持続可能な慣行への移行の責任を担っています。マイクロ灌漑会社は、財政面での制約、渡航制限によるサプライチェーンの中断、労働力不足など、多大な影響を受けながらも、その機能を継続させています。

世界各地で、インフラ工事の中断やメンテナンスの延期が行われており、灌漑サービス提供の安全性や質に影響を及ぼす可能性があります。例えば、インドでは、ダムの点検やメンテナンスなど、灌漑に関わるモンスーン前の活動が中断されています。パンデミック状況下で必要不可欠なサービスとして認められているにもかかわらず、灌漑会社は効果的な設備、投入物、メンテナンスの確保に苦労しています。また、追加コスト、関税による収入の減少などにより、大きな財政負担を強いられています。

牽引要因:干ばつ時の水資源の有効利用

高度な灌漑システムの使用により、農地を干ばつから守ることが可能になりました。適切な灌漑スケジューリング技術は、農家に様々な成功をもたらしました。高度な技術による灌漑スケジューリングは重要性を増しており、多くの農家がこれらの技術を成功させています。マイクロ灌漑システムは、水資源の使用量を最小限に抑えることができるため、干ばつの年でも同じ生産量を維持することができ、高収量を実現しています。このことが、干ばつが頻発する熱帯地方での市場の成長の要因となっています。

抑制要因:高い初期投資

一般的に、マイクロ灌漑システムは、果樹園、苗床、温室、ブドウ園など、従来の灌漑方法が実用的ではない、コストのかかる農業に最適です。システムを導入するための初期投資コストは高く、投資回収率が低いことを考慮すると、価値の低い作物には適していません。その上、大規模事業の場合、チューブやエミッター、ポンプなど、セットアップコストが高額になります。これらのコストは、作物、地域、土壌や水の状態、パイプラインのグレード、ろ過装置、ファーティゲーション装置、希望する自動化の度合いなどによって、それぞれ異なります。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]