人数計測システムの市場規模、2026年に14億米ドル到達予測

人数計測システムの市場規模は、2021年の9億米ドルからCAGR9.4%で成長し、2026年には14億米ドルに達すると予測されています。小売店、スーパーマーケット、ショッピングモール、交通機関などのエンドユーザー向け用途の拡大が、人数計測システム市場の成長を促進する要因となっています。

COVID-19による人数計測システム市場への影響

COVID-19の発生により、2020年は人数計測システムの導入が見送られ収益が減少しました。その結果、2020年前半は市場の成長トレンドに陰りが見られました。この傾向は、2021年の第1四半期まで続きました。2021年の第2四半期から第3四半期には、生産量の増加や、占有率のモニタリング、来店者の歩数カウント、顧客行動分析の識別などの需要により、人数計測システムの需要が急増すると予想されます。

牽引要因:ソーシャルディスタンスの確保のため、公共の場での人数計測システムの導入が増加

COVID-19パンデミックを封じ込めるために各国政府が課したロックダウンは、世界中のビジネスに影響を与えています。老舗の店舗や小売店でも、人出が大幅に減少しています。商業施設で社会的な距離を保つためのルールを施行し維持することは、簡単なことではありません。一方で、この課題は、人数計測システムを提供する企業にとって大きな推進力となっています。人数計測システムは、場所が混雑し、社会的距離を保つための対策が取られていない場合に、当局や店主に警告を発します。多くの場合、顧客は、安全対策に取り組んでいない小売店で商品を購入する事を考えません。そのため、人数計測システムを提供する企業の多くは、エンドユーザーである小売店が責任を持ってビジネスを再開出来るように、製品機能の開発に注力しています。例えば、2020年5月、RetailNext社は、実店舗の小売店が政府の対策に従い、COVID-19の蔓延を抑制できるよう、同社のトラフィック2.0プラットフォームの占有データ機能を強化しました。同様に、2020年4月には、Sensormatic Solutionsが提供するリアルタイム占有率、赤外線画像、物理的バリアソリューションなどの新製品が、より安全な店舗環境の構築を実現し、小売店の営業再開に貢献しています。同じ分野で、V-Count社は新ソリューションとなるVCAREを発表しました。VCAREは、リアルタイムの占有監視を提供しており、個人間の距離を管理・監視するのに役立ちます。このように、COVID-19の発生は、人数計測システムを提供する企業にとっての推進要因となっています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]