バイオサージェリーの市場規模、2026年に160億米ドル到達予測

バイオサージェリーの市場規模は、2021年の122億米ドルからCAGR5.7%で成長し、2026年には160億米ドルに達すると予測されています。効果的な出血管理への関心と、選択的手術の増加が、バイオサージェリー製品の需要を促進しています。生活習慣病や慢性疾患の増加、高齢者の増加などにより、世界的に待機的手術が増加していると考えられます。さらに、重度の外傷の発生率が増加していることも、縫合糸や結紮糸を使用した処置に代わるものとして、バイオサージェリー製品の需要を押し上げています。ベンダーは、製品の発売やイノベーションなどの有機的成長戦略を採用しており、その結果、先進的な製品が普及しています。一方、熟練した専門家の不足、バイオサージェリー製品の高価格、厳格な規制が、今後の市場成長を抑制すると予想されます。

COVID-19がバイオサージェリー市場に与える影響

COVID-19の発生により、病院は慢性疾患を抱える患者にとってハイリスクゾーンとなりました。その結果、2020年の第1四半期から第2四半期にかけて、選択的手術が中止または延期され、実施件数が大幅に減少し、バイオサージェリー製品の需要も激減しました。COVID-19の第2波では、選択的手術の優先順位がさらに下げられました。また、各国政府は、医療行為や選択的手術に制限や禁止を課しました。その後は、米国などの外科手術数は、2021年の第3四半期には増加すると予想されています。EUの一部の国では外科手術が再開されており、バイオサージェリー製品の需要が高まっています。

牽引要因:患者の出血管理に対するニーズ

外科手術や外傷による出血の主な原因の一つは、縫合糸やステープルなど従来の創傷閉鎖製品が効果的に使用されていないことにあります。事故の増加に伴い、長時間にわたる手術は増加傾向にあり、効果的な出血管理製品の必要性が高まっています。National Library of Medicineに掲載された2019年の論文によると、出血の不制御は、怪我による主要な死因となっています。同様に、National Trauma Instituteによると、外傷後、出血は病院前死亡の35%以上、負傷後24時間以内の死亡の40%以上の原因となっています。また、特に長時間に及ぶ手術では、効果的な出血管理製品の需要が高まっています。止血剤やサージカルシーラントなどの様々なバイオサージェリー製品は、従来の縫合糸やステープルの代わりに、手術中の出血を抑え、傷口を覆うために、大幅に採用されています。このように、従来の製品に代わってバイオサージェリー製品が採用されるようになったことで、出血を効果的に抑えることが可能になりました。

抑制要因:バイオサージェリー製品の価格高騰と外科手術のコスト上昇

バイオサージェリー市場で販売されている製品のほとんどは、高額で販売されています。さらに、新興国ではこれらの製品に対する償還シナリオが整っていないため、対象となる患者の大部分が手を出せない状況にあります。製品が高額であることから、新興国では手術の際に縫合や結紮に従来の方法が採用される傾向にあります。また、現在市場に出回っているバイオサージェリー製品は、複雑な再構成品でできており、保存性が低いという問題があります。そのため、取り扱いが容易で保存性に優れた低価格の製品が求められています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]