エネルギーハーベスティングシステムの市場規模、2026年に7億100万米ドル到達予測

エネルギーハーベスティングシステムの市場規模は、2021年に4億6800万米ドルからCAGR8.4%で成長し、2026年には7億100万米ドルに達すると予測されています。安全性、電力効率、耐久性に優れ、メンテナンスが最小限あるいは不要となるシステムへの需要が高まっていること、IoTデバイスの導入が急増していること、ビルやホームオートメーション用のエネルギーハーベスティングシステムの導入が進んでいること、グリーンエネルギーへの関心が高まっていること、各国政府が有利なイニシアチブをとっていること、エネルギーハーベスティングシステムを搭載したワイヤレスセンサーネットワークの採用が進んでいることなどが、世界的な市場成長の要因となっています。

COVID-19がエネルギーハーベスティングシステム市場に与える影響

多くのサービスプロバイダーやインテグレーターが未曾有のパンデミックの管理に関わっているため、COVID-19がエネルギーハーベスティングシステム市場に与える影響で、エネルギーハーベスティングソリューションの導入が予想以上に減少する可能性があります。米国は、ビルや家庭、産業用オートメーションなどのアプリケーションにエネルギーハーベスティングシステムを採用するための主要な拠点となっています。また、欧州には、エネルギーハーベスティングシステムを製造する多くの大手企業があり、部品やデバイスのサプライヤーが複数存在するため、ロックダウンの影響はグローバルプレイヤーにも及ぶことが予想されます。さらに、半導体部品の不足による混乱は、新しいエネルギーハーベスティングモジュールや製品の開発を遅らせる結果となっており、エネルギーハーベスティングシステムの受注の伸びが停滞しています。

一部のデバイスメーカーは、利益を取り戻すために一時的にデバイスの価格を引き上げることがあります。今後、メーカーは、サプライチェーンの混乱に注意を払う必要があるでしょう。COVID-19の影響が大きいのは、エンドユーザーアプリケーションです。ビルやホームオートメーションは、エネルギーハーベスティングの主要な応用分野です。しかし、COVID-19による混乱で、この需要は最小限になると予想されます。大手企業は、短期的な影響を考慮して、パンデミック後の市場機会を伺うかもしれません。COVID-19は、エネルギーハーベスティングシステム市場に大きな影響を与えると予想されます。

牽引要因:メンテナンス不要なシステムへの需要

エネルギーハーベスティングを利用したデバイスは、産業用アプリケーション、ビルやホームオートメーション、家電製品、ウェアラブルデバイスなどに利用されています。従来のセンサーネットワーク用の配線システムは、設置に多くの時間を要し、また配線のために高いコストがかかっていました。また、リチウムイオン電池、マグネシウムイオン電池、鉛蓄電池などのポータブル電源機器は、寿命が短く、破損しやすいという問題があります。リチウムイオン電池はエネルギー密度を高めることが可能ですが、過充電により温度が閾値以上に上昇した場合、爆発の危険性が高まります。一方、少量の無駄なエネルギーを収穫することによる発電は、電池を主電源とせずに機器の稼働率を向上させることができます。

エネルギーハーベスティングでは、デバイスを充電するための外部電力を必要としません。そのため、ケーブルやポータブルバッテリーなど、外部から電力を供給する必要がなく、結果的にメンテナンスコストを削減し、全体的な運用コストを抑えることができます。企業は、デバイスのコスト削減とエネルギーの節約のために、エネルギーハーベスティング技術の強化に取り組んでいます。 EnOcean(ドイツ)は、ビルの照明を自動的に制御することで、エネルギーコストを40%削減する無線式のセルフパワー型スイッチを複数設置しました。これは、電池を追加する必要がないため、交換やメンテナンスの必要がありません。Perpetuum(英国)は、電気力学を利用した振動発電機を製造しています。この振動発電機は、システムの電力供給に利用され、バッテリーを使用しないため、システムの寿命を18~20年に延ばすことができます。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]