環境技術の市場規模、2026年に6,903億米ドル到達予測

環境技術の市場規模は、2021年の5,521億米ドルからCAGR4.6%で成長し、2026年には6,903億米ドルに達すると予測されています。環境技術市場は、電力、エネルギー・公益事業、輸送・物流、石油・ガス、農業など、さまざまな垂直市場で激しい成長を遂げようとしています。

COVID-19パンデミックは、2020年を中心にした環境技術市場のバリューチェーンに影響を与えました。

COVID-19の電力・エネルギー・公益産業の環境技術市場への影響

大規模エネルギーバイヤーは、2019年に9.33GWの再生可能エネルギー案件にサインしました。長期的で信頼性の高い政府の政策とエネルギーの独立性が、将来的に電力会社が自然エネルギー100%への移行を行う主な動機になると予想されます。しかし、2020年はCOVID-19パンデミックの発生により、太陽光発電や風力発電は大きな影響を受けました。一方、大企業のバイヤーで構成される業界団体Renewable Energy Buyers Alliance(REBA)は、COVID-19は企業の脱炭素化目標に影響を与えないと発表しています。

COVID-19の輸送・物流業界の環境技術市場への影響

欧州自動車工業会(ACEA)によると、中国の新車販売台数は2020年2月前半に92%激減しました。しかし、2020年末には持ち直し、2.9%の減少となりました。自動車メーカーは限られた在庫を使用し、ジャストインタイム生産への依存度を高めているため、COVID-19パンデミックによるサプライチェーンの混乱は、自動車メーカーの生産能力や輸出全体に影響を与えました。物流分野では、パンデミックとそれに伴うロックダウンや渡航制限の影響で成長が鈍化しました。ほとんどの国では、必要不可欠な商品やサービスに流通を限定し、2020年は国境を越えた移動が制限されました。

このように、世界の環境技術市場は、2020年に世界的に輸送・物流産業の成長が低下したことにより、大きな影響を記録しました。しかし、現在はサービスが再開されているため、今後は成長に転じると予測されています。

牽引要因:世界的な水危機に対する意識の高まり

水は、地球上の70%を占める天然資源です。しかし、利用可能な淡水の量はわずか2.5%に過ぎません。この淡水で、2050年までに97億人の推定人口をまかなう必要があります。過去10年間で、水の使用量は人口増加率の2倍以上の勢いで増加しています。そのため、水を希少資源として扱い、その管理を重視することが求められています。水不足を経験している国々は、この課題に対処するためにさまざまな戦略を採用しています。例えば、2015年に国連加盟国が持続可能な開発目標(SDG)を採択したことで、廃水処理プロセス、水のリサイクル、水の効率化が世界的に注目されるようになりました。また、きれいな飲料水を供給するために、逆浸透膜(RO)や電気透析などの技術が開発され、海水淡水化プロセスにも利用されています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]