企業向けウェルネスソリューションの市場規模、2026年に946億米ドル到達予測

企業向けウェルネスソリューションの市場規模は、2021年の612億米ドルからCAGR9.1%で成長し、2026年には946億米ドルに達すると予測されています。企業向けウェルネスソリューション市場の成長は、雇用者による企業向けウェルネスプログラムの導入と、テクノロジーを駆使した企業向けウェルネスソリューションの導入、組織における慢性生活習慣病やメンタルヘルスの負担の大きさなどが要因となっています。一方、企業向けウェルネスプログラムへの従業員の関与や参加が低いこと、福利厚生パッケージや特典を利用した社内主導の企業向けウェルネスプログラムなどが、同市場の抑制要因となっています。

COVID-19の企業向けウェルネスソリューション市場への影響

楽観的なシナリオでは、COVID-19パンデミックは企業のウェルネスソリューション市場にプラスの影響を与えています。2020年1月から4月の間に、正規労働者の多くが在宅勤務に移行したため、企業向けウェルネスソリューション市場のプレーヤーは、エンドユーザーの変化した要求に合わせてサービスを差別化し、強化しました。特に慢性疾患の管理、オンデマンドのオンラインフィットネスプログラム、栄養・体重管理プログラム、精神・行動衛生プログラム、テキスト・音声・ビデオモードによる薬物乱用カウンセリングサービスなどのバーチャルケアやコンサルテーションが、企業のウェルネスソリューションプロバイダーによって展開されました。一方、悲観的なシナリオでは、COVID-19パンデミックが企業のウェルネスソリューションに対する需要を低下させたと言えます。発展途上国や先進国のほとんどの地域でパンデミックが発生した結果、多くのビジネス部門が悪影響を受け、企業のウェルネスソリューションやプログラムにかけられる予算は限られたものになってしまいました。今後は、従業員が職場に復帰することで、これらの企業向けウェルネスソリューションの需要が増加することが期待されます。

牽引要因:企業内ウェルネスプログラムの導入拡大

企業のウェルネスプログラムは、従業員の健康と生産性を向上させ、健康リスクを低減し、従業員の医療費を削減するために、企業が導入するケースが増えています。企業は、従業員が心身ともに健康であることの必要性をより強く認識するようになっています。その結果、従業員向けのウェルビーイングプログラム、ソリューション、サービスに対する企業の投資が増加しています。

2019年に発表された第3回UnitedHealthcare Wellness Checkup Surveyによると、米国の雇用者はそれぞれのウェルビーイングプログラムに平均360万米ドル以上を投資すると予想されています。この高額な投資は、従業員の健康とウェルビーイングに好影響を与えることが証明されています。

抑制要因:免許を持った専門家の不足

Health Resources and Services Administrationによると、2030年までに米国の成人精神科医の数が20%減少すると予測されています。この不足は、この分野に新規参入する専門家が減少していることが主な原因です。このような精神医療専門家の不足は、新興国ではさらに顕著です。例えば、インドでは、人口10万人あたり0.75人の精神科医しかいません。このように、適切な資格を持った専門家の数が不足することで、効率的でホリスティックな企業向けウェルネスプログラムを開始・推進することができず、市場の成長を抑制する可能性があります。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]