建設・重機用テレマティクスの市場規模、2026年に14億9,800万米ドル到達予測

建設・重機用テレマティクスの市場規模は、2021年の6億7,600万米ドルからCAGR17.2%で成長し、2026年には14億9,800万米ドルに達すると予測されています。オフハイウェイ機器のテレマティクスソリューションに対する需要の増加と、その安全性とセキュリティに関する政府の義務化が、建設・重機用テレマティクス市場を押し上げる原動力となっています。

COVID-19による建設・重機用テレマティクス市場への影響

COVID-19パンデミックの影響で、オフハイウェイ業界では、市場の回復のタイムラインが不透明になっています。このパンデミックは、テレマティクスソリューションプロバイダーの収益にかなりの影響を与えています。テレマティクスソリューションは、建設、農業、鉱業などのアプリケーションでは、必要不可欠なサービスと考えられています。各国では、オフハイウェイ産業の運営を維持することに焦点を合わせており、オフハイウェイ機器の安全性とセキュリティに関する政府の義務化と、テレマティクスソリューションの需要の増加が市場を牽引すると予想されます。

建設・重機用テレマティクス市場は、接続性の向上に加えて、さまざまなサービスや自動化技術の開発により、需要が大幅に増加する可能性があります。大半のOEMメーカーは、エンドユーザーの要求を満たすサービスを設計・開発する努力をしています。同時に、テレマティクスサービスの需要を増加させる完全に自動化された機器の開発を目指しています。

牽引要因:オフハイウェイ機器の安全性とセキュリティに関する政府の義務化

各国政府は、オフハイウェイ機器の安全性と効率性の向上に注力しています。現時点では、多くの地方政府が大型車両への車両追跡機能の導入に注力しています。これらの車両には、追跡装置、CCTV(Closed-Circuit Television)ベースの監視システム、1つ以上の緊急ボタンが装備されており、取り付けが義務化しております。この背景にあるのは、安全性です。リモートトラッキングは、ルートを逸脱した車両を当局が追跡するための是正措置に役立ちます。政府は、長期的にテレマティクス技術を使用する必要性を認識しています。

抑制要因:フリートオーナーのコスト意識

フリートオーナーがコストに敏感であることは、先進的なフリートマネジメント技術を導入する上での抑制要因となっています。フリートマネジメントシステムを導入するには、すべての車両にトラッキングデバイス、ネットワークハードウェアコンポーネント、ナビゲーションデバイスを取り付ける必要があります。これは、小規模な組織にとっては負担になる可能性が高く、また、中小企業のみならず、ハイエンドで多数の車両を保有する大企業にとっても抑制要因となります。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]