エレクトロシューティカルズ・バイオエレクトリックメディシンの世界市場、2026年に215億米ドル到達予測

エレクトロシューティカルズ・バイオエレクトリックメディシンの世界市場は、2021年の168億米ドルからCAGR5.0%で成長し、2026年には215億米ドルに達すると予測されています。同市場の成長は、神経疾患に対する政府の支援や資金援助の増加、高齢者人口の増加とそれに伴う神経疾患や心血管疾患の有病率の増加、CRMデバイスの研究に対する投資や資金援助の増加などが要因となっています。

COVID-19がエレクトロシューティカルズ市場に与える影響

COVID-19パンデミックの出現は、世界中の医療提供の形を変えました。COVID-19患者の治療のために多くの病院や診療科が再編成されることになり、病院のベッドや医療従事者などの限られた能力や資源がCOVID-19患者に充てられたために、多くの選択的手術が延期されました。さらに、遠隔監視を好む人が増えており、インターネットに接続された携帯型ペースメーカーや非侵襲性電気治療器のように、臨床医が臨床的アドバイスを提供できる遠隔装置に、技術企業、医療従事者、患者の関心が集まっています。今回のパンデミックでは、スマートモニターやウェアラブル技術に注目が集まり、この分野での取り組みが強化されました。これらの機器は、定期的な診察を受けていない患者の未診断の心臓異常を検出する機能や、心臓に影響を与える実験的な薬に対するCOVID-19患者の反応を分析する機能など、様々な理由でパンデミック時に役立つ可能性があります。パンデミックは、遠隔監視装置の承認経路にも影響を与え、FDAは承認ガイドラインを改訂しました。この公衆衛生上の緊急事態において、現在の非侵襲的な患者モニタリング技術は、不要な患者との接触をなくし、医療施設の負担を軽減するために活用されています。このような動きは、非侵襲性または低侵襲性の電気医療機器の採用を後押しするものと期待されます。

牽引要因:高齢者人口の増加と、それに伴う神経系・心血管系疾患の有病率の増加

老齢人口は、神経疾患や心血管疾患を発症するリスクが高いと言われています。このような疾患に対する感受性の高さから、高齢者は患者全体の中で重要なセグメントとなっています。その結果、この人口層の成長は、心臓ペースメーカー、植え込み型除細動器、脳深部刺激装置、脊髄刺激装置など、心血管障害や神経障害の治療に使用される電気医療機器の需要を継続的かつ強化することになります。

市場機会:新興市場

インド、韓国、マレーシア、ベトナム、アフリカ、イスラエル、サウジアラビア、アラブ首長国連邦などの中東諸国などの新興国は、大手市場のプレーヤーに大きな成長機会を提供しています。これは、規制の壁が低く、医療インフラが整備され、患者数が増加し、医療費が増加していることに起因しています。また、アジア太平洋地域の規制政策は、先進国に比べて適応性が高く、ビジネスに優しいものとなっています。これに加えて、成熟市場での競争が激化していることから、エレクトロシューティカルズ・バイオエレクトリックメディシン市場の主要プレーヤーは新興国に注目しています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]