インダストリー4.0の市場規模、2026年に1,655億米ドル到達予測

インダストリー4.0の市場規模は、2021年の649億米ドルからCAGR20.6%で成長し、2026年には1,655億米ドルに達すると予測されています。インダストリー4.0市場の成長を促している主な要因としては、製造業における人工知能(AI)やモノのインターネット(IoT)の急速な普及、医薬品・医療機器製造業における産業用ロボットの需要拡大、3Dプリントや積層造形への政府投資の増加、製造業におけるブロックチェーン技術の採用拡大などが挙げられます。さらに、医療用ウェアラブルにおけるAIとIoTの応用の増加が、インダストリー4.0市場の成長機会を生み出すと予想されます。

COVID-19によるインダストリー4.0市場への影響

COVID-19パンデミックの発生は、インダストリー4.0市場に貢献している主要国に大きな影響を与えました。このパンデミックが北米やアジアの発展途上国で猛威を振るっている状況下で、製造業は多大な困難に直面しています。世界最大級の規模を誇る米国の自動車産業は、2020年の第3四半期以降、停滞しています。需要の減少により、さまざまな自動車会社が地域全体で製造活動を縮小しており、これらの製造ユニットで採用されているIoT、AI、ブロックチェーンなどの自動化技術が役に立たなくなっています。メキシコは、北米における自動車産業の大きな恩恵を受けています。しかし、自動車生産が大幅に削減されているため、メキシコの自動車部門も多大な損失を被っています。

多くの発展途上国を抱えるアジア太平洋地域は、COVID-19パンデミックにより最も大きな被害を受けています。アジア太平洋地域のエレクトロニクス製造業は、世界のエレクトロニクス産業全体の70%を占めています。電子機器製造の中心地である中国では、パンデミックの影響により、2020年度にこの分野で大きな損失が発生しています。ウイルスの猛烈な蔓延により、一部の封鎖された地域では電子機器や医療機器の生産が未だに停止しています。インドでは、パンデミックの第2波が発生し、国内のサプライチェーンが混乱しています。2021年第2四半期の時点で散発的なロックダウンや移動制限が行われており、製造業では大規模な損失が発生しています。日本と韓国もパンデミックの影響を受けており、製造業では生産活動が停滞しています。

牽引要因:製造業における人工知能(AI)とモノのインターネット(IoT)の急速な普及

インダストリー4.0の開始以降、製造業分野におけるAIやIoT技術の浸透が急速に進んでいます。AIとIoTを統合したシステムは、製造プロセスの最適化、早期アラートの送信、品質管理への貢献、機械の設備故障の予測などを可能にします。正確なデータを収集することで、メーカーは革新的なAIアプリケーションを開発し、競合他社との差別化を図ることができます。

2020年にCOVID-19パンデミックが発生したことで、製造業は試練の時を迎えました。移動の制限、強制的なロックダウン、労働力の不足などにより、メーカーは生産プロセスの改善を余儀なくされました。その結果、製造プロセスにおけるAIやIoTの活用がさらに加速しています。製造現場では、通常の労働力がない中で、AIや機械学習(ML)アルゴリズムの助けを借りて、状態監視や機器のメンテナンスなどの活動が行われました。マシンビジョンは、製造業の品質管理に広く利用されています。手作業による検査よりも効率的かつ経済的で、時間もかかりません。また、AIとIoTは、修理やスペアパーツの必要性、機器のライフサイクルの長さを判断するために、製造ユニット全体の予測的なメンテナンス活動にも使用されています。これにより、予定外の修理やメンテナンス活動によるダウンタイムをなくすことができます。これらの技術を製造業で活用する際のコストベネフィット分析を考慮すると、製造業におけるAIとIoTの活用は、今後数年間で主流になると結論付けられます。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]