集団健康管理の市場規模、2026年に467億米ドル到達予測

集団健康管理(PHM)の市場規模は、2021年の249億米ドルからCAGR13.4%で成長し、2026年には467億米ドルに達すると予測されています。同市場は、コンポーネント、提供形態、エンドユーザー、地域に基づいて分類することが出来ます。PHMソリューションは、医療分野の関係者が患者中心のケアを提供することを可能にし、再入院を減らし、患者に適切かつ最適な治療を確実に行うことで、医療にかかる高額なコストを抑制することができます。これらのソリューションは、ケア提供のプロセスをスムーズに機能させることで、ワークフローを合理化します。

医療ITソリューションに対する政府の義務と支援、ビッグデータ分析の利用の増加、医療費の高騰を抑制する必要性などが、PHM市場の成長を促進する主な要因となっています。さらに、ブラジル、ロシア、インド、韓国、中国など新興国の成長、個別化医療への関心の高まり、価値ベースの医療への関心の高まりなどが、今後、市場参加者に有利な成長機会を提供すると考えられます。しかし、データ漏洩、熟練したアナリストの不足、相互運用性の問題などが、この市場の成長に悪影響を及ぼしています。

COVID-19によるPHM市場への影響

COVID-19パンデミックにより、各国は、社会的距離を置く、接触者の追跡、自己検疫、監視、コミュニケーション、検査などの対策を講じて、さらなる伝染を防ごうとしています。これまでのところ、インド、ブラジル、米国、イタリア、スペイン、ドイツ、フランス、イランなどの国では、感染の拡大を抑え、死亡者数を抑制するための抜本的な対策を講じています。

政府機関は、予防薬や治療薬の開発、重要な医療機器の購入、診断テストの迅速な承認を確保するための特別な資金援助を発表しています。また、ビルアンドメリンダゲイツ財団(BMGF)やウエルカム財団など、さまざまな組織が協力して、パンデミックと戦うための取り組みを加速および強化しています。

COVID-19の蔓延拡大により、正確な診断・治療機器の需要が高まっています。この点において、PHMソリューションは、医療機関がEHR、患者管理、ケアマネジメントなどのソリューションと、請求管理や支払管理ソリューションなどの医療費支払者のソリューションをシームレスに統合できるため、非常に有用であることがわかっています。さらに、この病気が世界的に急速に広まったことで、ロックダウンや規制が行われ、電子データ転送や請求管理の需要が高まっています。これにより、今後数年間も、集団健康管理の導入が増加すると予想されます。

また、COVID-19の大流行により、医師やその他の医療従事者の間で社会的な距離を置く必要性が高まり、PHMソリューションの需要が高まり、慢性疾患に苦しむ患者の医療記録や請求データを正確かつタイムリーに交換することが求められています。この点において、PHMは、高度なセキュリティを備えた電子健康情報および請求データの交換、共有、検索の枠組みを提供する効果的なツールを提供します。これらのソリューションにより、医療機関と患者の間で健康関連データをシームレスに交換・解釈し、臨床上および財務上の意思決定に役立てることができます。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]