ペン型注射器の市場規模、2026年に22億米ドル到達予測

ペン型注射器の市場規模は、2021年の13億米ドルからCAGR11.2%で成長し、2026年には22億米ドルに達すると予測されています。同市場の成長は、慢性疾患の罹患率の増加と、一部の国における有利な償還シナリオに大きく牽引されています。一方で、他の薬物送達方法への嗜好、発展途上国での償還の低さ、注射針への不安などが市場全体の成長を抑制すると予想されます。インスリン注射器の誤用や注射針の再利用は、市場が直面している今後の課題です。バイオシミラー医薬品への関心と新興市場の存在は、成長の機会となる分野です。

COVID-19のペン型注射器市場への影響

2型糖尿病、高血圧、CVD(心血管疾患)は、COVID-19患者の入院や死亡のリスクを著しく高めます。そのため、既存の疾患を持つ患者や、疾患に罹患するリスクの高い患者に対して、これらの合併症を管理することが重要視されています。このような意識が医療従事者や患者の間で高まり、管理機器市場の成長を支えています。低血糖症と高血糖症は、いずれも入院患者の有害な転帰の予測因子です。重篤なCOVID-19のリスクを減らすために、糖尿病とSARS-CoV-2感染の患者では、血糖コントロールを行う必要があります。インスリンとGLP-1RAは、2型糖尿病患者に最適な血糖降下作用と抗炎症作用を示しており、無症状で重症ではないCOVID-19糖尿病患者の治療に有効な治療オプションとなり得ます。糖尿病治療のためのカスタマイズされた治療法は、厳格なグルコースモニタリングとインスリンまたは抗糖尿病薬の用量調整が必要となっています。インスリンペン、インスリンポンプ、持続血糖測定器の導入が進み、糖尿病の詳細なモニタリングと最適な管理が行われています。ペン型注射器は、糖尿病管理に大量に使用されています。

牽引要因:慢性疾患の増加

ここ数年、慢性疾患の罹患率が大幅に増加しています。糖尿病、骨粗鬆症、心血管疾患(CVD)、多発性硬化症などの慢性疾患では、通常、ペン型注射器を使用して毎日または毎週薬剤を投与する必要があります。 急速に成長する市場において、ペン型注射器は、注射剤投与システムの新しい標準となっています。ペン型注射器は、シンプルで信頼性が高く、医師の助けを借りずに患者が直接投与できることから、人気が急上昇しています。また、取り外し可能なペン型の針が付いおり、これはペン型注射器に欠かせないものです。注射針の長さとその鋭さは、薬を確実に組織に到達させるために重要です。このように、慢性疾患の増加に伴い、増加する患者に効果的に対応し、治療へのコンプライアンスを高めるために、ペン型注射器の技術が注目されています。

抑制要因:薬物送達の代替手段への関心

ペン型注射器は、簡単で手間のかからない薬物送達方法ですが、針刺し事故や感染症、高血糖、痛みなどの問題があります。インスリンのペン型療法は、投与量を調節できないため、一部の患者に高血糖を引き起こす症例が見受けられます。そのため、欧州では、糖尿病治療において、インスリンペンからインスリンポンプへの移行が進んでいます。インスリンポンプは、インスリンの自動懸濁を行い、低血糖のリスクを低減することができます。これが市場の成長を制限する要因となっています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]