航空機用フィルターの市場規模、2026年に10億200万米ドル到達予測

航空機用フィルターの市場規模は、2021年の8億2300万米ドルからCAGR4.0%で成長し、2026年には10億200万米ドルに達すると予測されています。同市場は、航空機の更新や航空機の納入数の増加など、さまざまな要因によって牽引されています。

COVID-19の航空機用フィルター市場への影響

航空機用フィルター市場には、主要プレーヤーであるParker Hannifin Corporation(米国)、Donaldson Inc. (米国)、Safran(フランス)、Porvair PLC(英国)、Freudenberg & Co.KG(ドイツ)などがあります。これらの企業は、北米、欧州、アジア太平洋、中東、アフリカ、ラテンアメリカなど様々な国で事業を展開しています。COVID-19は彼らのビジネスに多大な影響を与えています。業界の専門家は、COVID-19が航空機用フィルターの生産やサービスに与える影響は、2020年には世界全体で7~10%になると考えています。同市場におけるマイナスの影響は、2021年第1四半期にはゆっくりと回復すると予想されます。

牽引要因:航空機用フィルターの短い交換サイクル

航空機用フィルターの交換サイクルが短いことは、MROセグメントの需要を促進する重要な要因となります。航空機用フィルターは、飛行時間数と暦日数のどちらか早い方に合わせて交換されます。このサイクルは、6ヶ月から18ヶ月、もしくは、300飛行時間から3,500飛行時間となっています。旅客数の多さは、航空機用フィルターのサイクル数に直接反映されます。

世界銀行のデータによると、航空機で移動する乗客数は、2010年の26億2,800万人から2019年には43億9,700万人へとCAGR6%で増加しており、10年間で約18億人の増加となっています。COVID-19パンデミック後も同様に航空旅客数が増加することで、航空機用フィルターの需要が増し、市場を牽引すると考えられます。

市場機会:アジア太平洋地域とラテンアメリカにおける航空機メーカーの台頭

アジア太平洋地域や中南米地域では、COMAC(中国)、Embraer SA(ブラジル)、三菱航空機(日本)などの航空機メーカーが台頭しており、今後の航空機用フィルターの大きな市場機会となっています。また、フィリピンのセブパシフィック航空のように、乗客数の増加を計画している企業の存在も、航空機用フィルターメーカーに多くの機会を提供します。

課題:電動航空機や代替燃料航空機の需要増加による市場縮小の可能性

航空機の二酸化炭素排出量を長期的に削減するために、電気航空機や水素航空機などの代替燃料航空機の研究開発が行われています。電気航空機は構造が比較的単純なため、フィルターなどの部品点数が少なくて済みます。また、燃料を燃焼させないため、燃料フィルターも必要ありません。これは、航空機用フィルターメーカーの成長にとって大きな課題となります。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]