フロー電池の市場規模、2026年に4億8,900万米ドル到達予測

フロー電池の市場規模は、2021年の2億1,400万米ドルからCAGR18.0%で成長し、2026年には4億8,900万米ドルに達すると予測されています。これは、フロー電池固有の利点、再生可能エネルギーへの投資の増加、公益事業におけるフロー電池の需要の高さ、通信タワーの設置数の増加などに起因しています。しかし、フロー電池の製造には高額の初期投資が必要であること、技術的な欠点や低い充放電率、フロー電池システム開発に必要な規格の欠如などの要因が、市場の成長を抑制しています。また、COVID-19パンデミックによるフロー電池の普及率の低下や、従来の電池メーカーとの競争の激化は、フロー電池市場の課題となっています。一方で、データセンターの増加に伴う電力供給の必要性や、家庭用アプリケーションにおけるフロー電池の普及率の高まり、機能向上のための技術革新などが、今後数年間におけるフロー電池採用のきっかけになると予想されます。

COVID-19のフロー電池市場への影響

COVID-19は、世界経済や各国のあらゆる産業に深刻な影響を与えています。各国政府は、流行の拡大を抑えるためにロックダウンを実施しました。流行の初期段階では、各国が完全に閉鎖されていたため、人々の生活や人生の質に深刻な影響を与えました。その結果、世界中のサプライチェーンに混乱が生じました。製品の需要が大幅に減少したため、世界中の経済が衰退しました。パンデミックの影響で原材料が不足しているため、産業界全体の生産が制限されています。輸出の減少とサプライチェーンの混乱が生産量減少の主な要因となっています。

新型コロナウイルスの突発的な発生は、同市場の産業用および商業用アプリケーションの成長に悪影響を及ぼしました。2020年には、国内の様々なプロジェクトにおけるフロー電池の導入が減少しました。また、2020年の第1四半期と第2四半期に各国の製造施設が閉鎖されたことも、市場の成長率低下の原因となっています。しかし、稼働中のプロジェクトにおけるフロー電池の設置が増加していることや、政府による電力部門の近代化に向けての注力から、フロー電池の採用が増加すると推測されます。しかし、市場は2026年までCOVID-19以前の規模には届かないかもしれません。

推進要因:フロー電池が持つ固有の利点

フロー電池は、大容量のエネルギー貯蔵システムです。また、リチウムイオン電池、鉛蓄電池、固体電池などと比べて技術的に優れていることから、住宅や電気自動車の充電ステーションなどの分野でも普及が進んでいます。フロー電池は、電極材料にエネルギーを蓄える従来の電池とは異なり、外部タンクに蓄えられた電解液をセルに送り込み、電気化学反応を起こさせることでエネルギーを蓄えます。電解液の交換が容易であることは、フロー式電池の大きなメリットです。また、蓄電容量はタンクの大きさに応じて決まるため、家庭用からグリッドストレージ用まで、さまざまなエネルギーニーズに合わせて拡張することができます。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]