公共安全向けワイヤレスブロードバンドの市場規模、2026年に696億米ドル到達予測

公共安全向けワイヤレスブロードバンドの市場規模は、2021年の206億米ドルからCAGR27.6%で成長し、2026年には696億米ドルに達すると予測されています。市場を活性化させている主な要因としては、モビリティの成長とモバイル接続の増加、公共安全の強化とリアルタイム情報の利用可能性、ワイヤレスブロードバンドへの大規模な投資などが挙げられ、今後も世界各国で同市場の成長を後押しすることが予測されています。さらに、次世代技術の向上と農村部でのワイヤレスブロードバンドの利用は、公共安全向けワイヤレスブロードバンドのベンダーに有利な機会を提供すると考えられます。

COVID 19の公共安全向けワイヤレスブロードバンド市場への影響

COVID-19の流行により、多くのエンタテインメントサービスやストリーミングサービスのユーザー数が急激に増加し、一部の企業では広告が急減しました。COVID-19の発生以来、米国ではブロードバンドのトラフィックが大幅に増加しました。米国のブロードバンドネットワークは、すでに米国のネットワーク速度が多くの同業他社よりも速かったこともあり、この需要増に対応しました。COVID-19は、何百万人もの人々がこれまでよりも劇的に多くのネットワーク帯域を消費するという新しい常態を生み出しました。例えば、Vodafone社によると、最近の欧州のインターネット使用量は50%増加しており、Netflix社はインターネットの崩壊を防ぐために、欧州でのビットレートを30日間下げるよう要請されました。パンデミックの影響で、ブロードバンドの全体的な利用率や、農村部でのワイヤレスブロードバンドの普及率が大幅に上昇しました。

牽引要因:モビリティの成長とモバイル接続の増加

無線ブロードバンドの成長の主な理由は、携帯電話の利用の急増です。人々は、様々な安全性や本質的な理由からインターネットを利用するようになりました。Mobile Economy Report 2019によると、モバイルサービスに加入している人は約52億人で、世界人口の67%を占めています。Ciscoは、2023年までに世界人口の70%以上がモバイル接続を持つようになると予測しました。同時に、2023年までに世界のモバイル加入者総数が人口の約71%に達すると予測しています。モビリティの成長という観点から見ると、最も急速に成長しているモバイル機器カテゴリーはM2Mで、次いでスマートフォンとなっています。また、アクティブなソーシャルメディアユーザー、インターネットユーザー、携帯電話ユーザーの急増は、公共安全を理由としたワイヤレスブロードバンドの利用率に好影響を与えると予想されます。

抑制要因:セキュリティの侵害と傍受

無線通信は、公共の安全のために無線セキュリティプロトコルや暗号化技術が進歩しているにもかかわらず、傍受やセキュリティ違反を起こしやすいという問題があります。商用のWi-Fiネットワークや公共の場でセキュリティを確保することの複雑さは、大きな懸念材料です。例えば、避難や救助の際には、救急隊員とデータセンター運営者が常に機密データや情報を交換しています。これらの通信が傍受されれば、侵入者は機密情報にアクセスすることができ、継続的な救助・管理活動にも支障をきたすことになります。Probrand社の最近の調査によると、英国の企業の約43%が過去12カ月間にセキュリティ侵害を報告しています。さらに2018年、Broadband Genie社が発表したレポートによると、ブロードバンド接続を持つ英国人の54%が、自分のルーターがハッキングされることを心配していることがわかりました。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]