ネットワークプローブの市場規模、2026年に9億900万米ドル到達予測

ネットワークプローブの市場規模は、2021年の5億900万米ドルからCAGR 12.3%で成長し、2026年には9億900万米ドルに達すると予測されています。ネットワークの複雑化やセキュリティへの懸念による継続的なネットワークプローブの需要、IPトラフィックの急激な増加や複雑なITインフラによるネットワークストレスの増加、ネットワークのダウンタイム問題の解決やビジネスオペレーションの最適化の必要性、クラウドやIoTの導入の増加などが、ネットワークプローブ市場の成長を促進する主な要因になると予想されます。

COVID-19がネットワークプローブ市場に与える影響

COVID-19の発生により、ウイルスの拡散を避けるために、厳しいロックダウン、シャットダウン、移動制限が行われています。国境の閉鎖、厳格な閉鎖処置、サプライチェーンの問題は、ネットワークプローブ機器のオンサイト展開の抑制要因となっています。また、パンデミックにより、世界各地でビジネスの効率や従業員の生産性が低下しています。各国で監禁措置がとられた結果、多くの人が在宅勤務をするようになったため、インターネットのトラフィックが大幅に増加しています。このため、増加するネットワークトラフィックやネットワーク攻撃を管理するためのネットワークプローブソリューションの必要性が高まっています。

牽引要因:ネットワークの複雑化とセキュリティへの懸念に伴う需要

先進技術の導入により、デバイスの相互接続性や仮想化技術が急速に拡大しています。これに伴い、サイバー攻撃やセキュリティ侵害の件数が大幅に増加しており、ネットワークの性能やセキュリティをテストするための適切なメカニズムが必要となっています。そのため、企業はネットワークプローブを導入し、ネットワークインフラの詳細な可視化を行うようになりました。ネットワークプローブのソリューションは、有線と無線の両方のネットワークにセキュリティを提供し、ネットワーク全体のセキュリティを確保することで、サイバー攻撃のリスクを低減します。

抑制要因:技術的な粒度の不足

ネットワークプローブは、極端に高い可視性と制御性を提供することはできません。ネットワークには、ネットワークプローブツールが到達できない盲点が存在します。そこにネットワークの問題があれば、無駄な努力や利益の減少を招くことになります。組織は、粒度レベルの深い極限の分析により、問題やリスクの高い通信をリアルタイムで発見することが可能になります。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]