歯科医療機器の市場規模、2026年に89億米ドル到達予測

歯科医療機器の市場規模は、2021年の62億米ドルからCAGR7.7%で成長し、2026年には89億米ドルに達すると予測されています。これは、口腔衛生障害の有病率の増加、座りっぱなしのライフスタイルや変化する生活習慣、消費者の意識の高まり、デンタルツーリズムの増加などが主な要因です。また、CAD/CAM技術に投資する歯科技工所の増加は、豊富な市場機会を提供します。

一方、歯科用画像処理システムのコストが高いことや、歯科治療に対する償還がないことが、今後の市場成長を抑制すると考えられます。

COVID-19による歯科医療機器市場への影響

COVID-19の発生は、業界全体の生産サイクルやサプライチェーンを混乱させ、世界中の多くの企業にネガティブな影響を与えました。感染者数が収まる気配がないため、歯科医療機器業界は計り知れない困難に直面しています。

COVID-19パンデミックにより、ポーランド最大のデンタルショーであるKRAKDENT 2020など、いくつかの歯科関連イベントが延期されました。また、Straumann GroupのCEOであるGuillaume Daniellot氏は、COVID-19の流行により、2020年度のアジア太平洋地域の売上が少なくとも3,100万米ドル減少する見込みであると発表しました。また、DENTSPLY Sirona社は最近、中国、韓国、台湾、日本市場での売上が2020年度に累積で6千から7千万米ドル減少すると予測しました。

COVID-19パンデミックは、歯科医療分野に大きな影響を与えています。米国歯科医師会によると、2020年4月の時点で、米国の四分の三の歯科医院が緊急患者のみを受け入れ、18%の歯科医院が完全に閉鎖されました。その結果、ほとんどの歯科医院では、総回収額が平均回収額の5%以下になったと報告されています。同じ情報源によると、米国の2020年の歯科医療費は、最大66%、2021年には32%減少する可能性があります。Straumann Holding AGによると、歯科医療市場全体が短期的に急激に縮小したとのことです。また、COVID-19の影響でサプライヤーの生産能力が低下し、主要な原材料の入手が困難になったことで、ベンダーのサプライチェーンも混乱しました。しかし、ワクチンが普及し、特に北米や欧州でパンデミックの状況が改善されると、2021年第2四半期以降、より多くの選択的歯科治療が実施されることが予想されます。

牽引要因:進歩したソリューションの開発

歯科業界は、新しい歯科材料の開発により、長年にわたって進化してきました。また、患者のコンプライアンスも向上し、低侵襲治療の需要が急増しています。歯科用レーザーは、出血を最小限に抑え、患者の不快感を軽減することができるため、ガムリフティングや歯のホワイトニングなどの外科的処置に使用される機会が増えています。また、接着剤を用いた歯科治療も注目されています。これは、複合材料を用いて、歯の構造へのダメージを最小限に抑えながら、審美性の向上や歯の強化を図るものです。その結果、このような治療を希望する人が増えています。

審美歯科の新たな側面として、口腔内カメラの高度な技術を用いて笑顔の時の画像を撮影することが挙げられます。口腔内カメラで撮影した画像は、患者が自分の笑顔をより美しくするためにどのような審美歯科治療を受けるべきかを判断するのに役立ちます。そのため、顎の動きをモニターするための4Dイメージングスキャナーの使用が重要視されています。Planmeca US, Inc.は、顎の動きを3Dで追跡、視覚化、分析できる唯一のCBCT統合ソリューションであるPlanmeca 4D Jaw Motionシステムを提供しています。

さらに、歯科材料や治療法の進歩により、天然歯の特性を再現することが可能になりました。審美歯科治療の一つである歯のライトニングは、オフィスで行う審美歯科治療として最も好まれています。このように、新技術や歯科材料の開発に注力することで、歯科機器市場のプレーヤーに新たな機会をもたらすことが期待されています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]