コンピュータビジョンにおけるAIの市場規模、2026年に513億米ドル到達予測

コンピュータビジョンにおけるAIの市場規模は、2021年の159億米ドルからCAGR26.3%で成長し、2026年には513億米ドルに達すると予測されています。品質検査や自動化へのニーズの高まり、非伝統的なアプリケーションや新興アプリケーションにおけるコンピュータビジョンシステムの需要の増加、ASICのニーズの高まりなどが、市場の成長を促進する主な要因です。同様に、産業オートメーションを支援するための政府の取り組みや、エッジデバイスへのAIの統合は、コンピュータビジョンにおけるAI市場のプレーヤーに有利な機会を生み出すと予想されます。しかし、クラウドベースの画像処理・分析に関連するセキュリティへの懸念の高まりが、市場の成長を抑制すると予想されます。

Covid-19がコンピュータビジョンのAI市場に与える影響

COVID-19パンデミックによるコンピュータビジョンにおけるAI市場の成長への影響は低いと考えられます。COVID-19の流行により、製造工場が一時的に閉鎖されたことで、輸出志向の経済に大きな打撃を与えました。地域別に見ると、例えば、ドイツの自動車産業は、自動車貿易のほとんどが中国やイタリアとの間で行われているため、深刻な影響を受けています。輸出入に関する問題以外にも、COVID-19の蔓延を防ぐための製造工場の閉鎖や操業の低下により、ドイツの製造業の成長が妨げられています。

一方、スマートフォンやスマートホームなどの製品で構成されるコンシューマーエレクトロニクスは、贅沢品ではなく、必要不可欠なものとなっています。ウェアラブル、ラップトップ、デスクトップなどの家電製品からなるこの分野は、世界的なサプライチェーンの混乱、特にこの分野のOEMの主要拠点である中国での生産が減少したことにより、影響を受けました。しかし、消費者の視点では、AI対応のスマートフォンなどのガジェットの導入が進んでおり、これがコンピュータビジョンにおけるAI市場の成長を支えています。ほとんどのプロセスが人の手を介さずに行われることから、今後は、セキュリティ・監視産業がコンピュータビジョンにおけるAI市場で大きなシェアを占めると考えられます。

牽引要因:品質検査と自動化へのニーズ

世界中の製造企業は、COVID-19以降、自動化への投資を増やすことを計画しています。これは、自動化によって人間の介入の必要性が減ることに起因しています。また、業界関係者が製造プロセスにおける品質保証の重要性を認識していることから、品質保証の自動化に対するニーズも高まっています。これにより、AIベースのコンピュータビジョンソリューションが、長期的な自動化開発プロセスの不可欠な要素として広く受け入れられるようになりました。自動化された生産プロセスにコンピュータビジョンを使用することで、短期間で問題を特定することができ、結果的にコスト削減と対応時間の短縮につながります。同様に、欠陥品の認識、返品リスクの低減、より高い顧客満足度の確保などにも役立ちます。さらに、コンピュータビジョン技術を使えば、生産ライン上のすべての製品を平等に、同じ焦点で検査することが可能です。品質検査や自動化へのニーズの高まりは、同市場の重要な推進要因となる事が予測されます。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]