耳鼻咽喉科機器の市場規模、2026年に223億米ドル到達予測

耳鼻咽喉科機器の市場規模は、2021年の162億米ドルからCAGR6.6%で成長し、2026年には223億米ドルに達すると予測されています。耳鼻咽喉科機器市場の成長は、人口の高齢化とそれに伴う難聴の増加、可処分所得の増加と耳鼻咽喉科治療にかかる費用の増加、医療インフラと支出の改善、製品の入手可能性と認知度の向上などが要因となっています。

COVID -19 の耳鼻咽喉科機器市場への影響

COVID-19の発生は、世界中の病院のリソースに大きな影響を与え、これは」、他の疾患の入院・外来サービスを大幅に減少させることにつながりました。耳鼻咽喉科疾患の検診・診断も例にもれず、その件数は急激に減少しました。

牽引要因:耳鼻咽喉科疾患の高い罹患率

副鼻腔炎は、鼻腔周辺の空洞である副鼻腔が12週間以上にわたって炎症を起こしたり、腫れたりする病状です。慢性副鼻腔炎は最も一般的な病状の一つであり、米国ではその年間の医療費が約86億米ドルに上ると言われています。米国疾病管理予防センター(CDC)によると、米国では成人人口の約12.1%にあたる2940万人が慢性副鼻腔炎に苦しんでいます。また、毎年、慢性副鼻腔炎の治療のための手術が50万件以上行われています。米国と同様に、英国でも慢性副鼻腔炎は非常に有病率の高い疾患であり、国内の成人人口の10%の罹患が報告されています。米国国立アレルギー・感染症研究所(NIAID)によると、インドでは慢性副鼻腔炎で1億3400万の人が影響を受けています。世界的に慢性副鼻腔炎の罹患率が高いことから、内視鏡下副鼻腔手術、機能的内視鏡下副鼻腔手術(FESS)、バルーンによる副鼻腔拡張術など、様々な耳鼻咽喉科治療の需要が高まっています。副鼻腔炎の有病率の高まりが、耳鼻咽喉科機器市場の成長を促進すると予想されます。

WHOの推計によると、世界では4億6600万人以上が障害を伴う難聴を患っており、耳からの感染が主な原因となっています。また、65歳以上の人口の約3分の1が、障害を伴う難聴の影響を受けています。耳鏡は耳の疾患の診断に広く使用されているため、このような患者層が耳鏡の需要を牽引すると予測されます。

市場機会:美容目的の耳鼻咽喉科治療への高い需要

鼻整形や耳整形など、その形を整える美容目的の耳鼻咽喉科手術の需要が高まっています。技術の進歩、侵襲性の低い施術、美容施術全般の人気、安全性、アクセスのしやすさ、米国経済の回復、新興国における可処分所得の増加などが、外見を改善するための美容耳鼻咽喉科施術の需要を促す主な要因となっています。

米国では、2019年に約36万2,299件の鼻形成術が行われ、同様に、耳介形成術も高い需要を目の当たりにしています。米国美容整形外科学会によると、2020年の米国における耳介形成術の平均費用は3,220米ドルと推定されており、その金額は、施術者や選択する手術の種類によって異なります。このように、美容を目的とした耳鼻咽喉科手術への需要の高まりは、今後の耳鼻咽喉科機器市場の成長に多くの機会をもたらします。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]