鉄道用ワイヤーハーネスの市場規模、2026年に19億米ドル到達予測

鉄道用ワイヤーハーネスの市場規模は、2021年の15億米ドルからCAGR4.6%で成長し、2026年には19億米ドルに達すると予測されています。様々な地域でライトレールや地下鉄などのプロジェクトが増加していることが、同市場を牽引すると予想されます。各国政府が既存の鉄道網の電化を計画しています。例えば、インド鉄道は4万kmの電化を完了しており、そのうち1万8605kmは2014年から2020年までの期間に完了しています。さらに、2021年までに7000kmの電化を目標としており、2023年までにすべての広軌ネットワークを電化する計画を立てています。

2020年の市場では、アジア太平洋地域が最大シェアを占めています。この地域には、日立製作所(日本)、Samvardhana Motherson International(インド)、古川電気工業 (日本)、Taihan Wire Co, Ltd(韓国)、LS Cables & Systems(韓国)などのOEMがあります。OEMは、鉄道への投資を行い、市場を牽引すると予想されます。各国の鉄道への投資は、今後、鉄道用ワイヤーハーネス市場に成長機会をもたらすと期待されています。

COVID-19の鉄道用ワイヤーハーネス市場への影響

主要な鉄道ワイヤーハーネスメーカーは、COVID-19の大流行の間、需要の減少、サプライチェーンのボトルネック、および従業員の安全を守るために生産停止を経験しました。その後、2020年には、旅客鉄道車両の需要が減少し、鉄道用ワイヤーハーネス市場にさらなる影響を与えています。今後も、研究開発への予算配分が削減されることで、鉄道開発に支障がでることが予想されます。鉄道用ワイヤーハーネスの需要は、政府の予算に大きく比例します。COVID-19パンデミックの影響で、2020年には鉄道車両の生産と販売が大幅に減少しました。メーカーは、ボトルネックを防ぐために生産を調整し、OEMやフランチャイズサービスセンターからの需要に応じた生産計画を余儀なくされました。特に米国や欧州主要国ではパンデミックの深刻さから、鉄道生産工場、関連するR&Dセンター、鉄道メンテナンスセンターの再開は当面期待できません。

市場機会:ドライバーレストレインの増加傾向

先進国では、ドライバーレストレインの整備計画が始まっており、これが輸送分野の成長を促進すると期待されています。中国、インド、韓国、米国、英国、メキシコ、ブラジル、南アフリカなどの国々が、ドライバーレストレインの導入による鉄道網の変革を計画しています。鉄道メーカーは、無人運転の列車を製造するためのインフラに投資することで、地理的に拡大しています。北米や欧州などの先進地域では、列車の改造や既存のシステムを先進的なシステムに置き換えることで、鉄道の安全性とセキュリティを向上させています。これらの改造や新型のドライバーレストレインの配備には大量の配線が必要であり、鉄道用ワイヤーハーネス市場の成長に大きなチャンスをもたらしています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]