電力SCADAの市場規模、2026年に25億米ドル到達予測

電力SCADAの市場規模は、2021年の17億米ドルからCAGR7.6%で成長し、2026年には25億米ドルに達すると予測されています。インダストリー4.0の採用が増加していることが、電力SCADA市場の成長を促進する主な要因となっています。

COVID-19の電力用SCADA市場への影響

COVID-19による影響で、2020年前半に各国がロックダウンの実施を余儀なくされたため、電力SCADA市場の成長は鈍化しました。政府や地方自治体から厳しいガイドラインが出され、必要のない業務はすべて停止されました。これにより、エンドユーザーの活動が停止し、電力SCADA市場にマイナスの影響を及ぼしました。さらに、第2四半期には、生産やサプライチェーンの遅延が発生しました。

牽引要因:インダストリー4.0原則の採用増加

第4世代産業革命(インダストリー4.0)の概念は、ドイツで始まり、欧州や米国で発展してきました。様々な分野でのインダストリー4.0の原則の採用は、市場の成長を促す重要な要因となります。電力業界では、プロセスやシステムのほとんどが自動化されており、発電所は、高効率で、完全な精度で24時間365日稼働することができます。自動化されたシステムは、人間が関与するエラーを減らすことで、電力部門の未来を導いています。電力SCADAシステムは、産業プロセスの自動化を可能にする重要なシステムです。電力SCADAソリューションのような自動化ソリューションを使うことで、機械の制御・操作を可能にします。

発電所では、機械部品、電子部品、センサー、アクチュエーターなどが稼動しており、これらの部品はネットワークを介して相互に通信し、問題や故障、発電スケジュールの変更などの情報を共有しています。相互に接続された機器が普及していることから、電力SCADAシステムは最終産業に欠かせないものとなっています。この予知保全戦略は、処理時間を最適化し、送配電の効率を高めます。

抑制要因:初期設定やメンテナンス、アップグレードに伴う高コスト

発電所や送配電線、変電所の設置には、機器やソフトウェアのインストール、トレーニングなどに伴う莫大な設備投資が必要となります。電力SCADAシステムを使ってデータを収集することで、エラーを減らし、効率と生産性を向上させることができます。しかし、新興企業にとって、このような巨額の投資は難しく、経営陣は、最先端の制御オートメーションシステムを導入する前に、投資対効果(ROI)を深く分析しなければなりません。また、電力用SCADAメーカーやサプライヤーが、既存のシステムをアップグレードするために発生する追加コストも高くなります。さらに、発電所で使用されているオートメーションソフトウェアシステムは、時折メンテナンスやアップグレードが必要になります。初期の資本投資とメンテナンスやアップグレードのコストの両方が、電力SCADA市場の抑制要因となっています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]