シリコーンの市場規模、2026年に234億米ドル到達予測

シリコーンの市場規模は、2021年の167億米ドルからCAGR7.0%で成長し、2026年には234億米ドルに達すると予測されています。シリコーン産業は、主に建築・建設、工業プロセス、パーソナルケア・消費財、輸送、電子機器など、様々なエンドユース産業における需要の拡大によって牽引されています。

COVID-19によるシリコーン市場への影響

シリコーン市場には、The Dow Chemical Company(米国)、Wacker Chemie AG(ドイツ)、信越化学工業株式会社(日本)、Elkem ASA(ノルウェー)、Momentive(米国)、KCC Corporation(韓国)などの主要なTierIおよびTierIIサプライヤーが含まれます。これらのサプライヤーは、アジア太平洋地域、欧州、北米、南米、中東・アフリカなど、様々な国に製造拠点を持っています。COVID-19は彼らのビジネスにも影響を与えています。これらの企業は、COVID-19の状況下で、米国、フランス、ドイツ、イタリア、スペインにおける需要の減少、サプライチェーンのボトルネック、従業員の安全などを考慮し、生産の停止を発表しました。その結果、2020年にはシリコーンの需要が減少すると予想されています。メーカーは、ボトルネックを防ぐために生産を調整し、Tier1メーカーの需要に応じて生産計画を立てると思われます。

牽引要因:シリコーンの優れた特性

シリコーンは、幅広い産業分野で使用される最も汎用性の高い製品です。耐久性、誘電性、接着性、消泡性、放電安全性、紫外線安定性、光沢性、透明性、耐放射線性、疎水性、耐熱性、柔軟性などのユニークな特性を持ち、無数の形態や用途に使用することができます。耐久性に優れたこの素材は、他のほとんどのゴムの限界である100℃以上の温度での使用に最も適しています。また、シリコーンゴムには毒性がないため、食品の品質が要求される場合にも使用されます。また、その優れた特性を活かして、蒸煮・滅菌処理が必要なシールやガスケットにも使用されています。さらに、優れた電気抵抗を持つことから、電気・電子産業にも使用されています。

抑制要因:シリコーンに対する厳しい規制政策

ほとんどのシリコーン製品には規制がありません。しかし、一部のシリコーン製品、特にパーソナルケア・消費者製品や医療・ヘルスケア産業での使用は、特定の規制当局によって管理されています。例えば、英国の主務官庁と欧州化学品庁(ECHA)は、パーソナルケア産業で使用されているシクロシロキサンD4とD5という2つのシリコーン製品の使用を制限しています。これらの物質は、パーソナルケア製品中に含まれる割合に制限が設けられています。同様に、カナダと米国でも使用が制限されています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]