eGRCの市場規模、2026年に22億米ドル到達予測

eGRCの市場規模は、2021年の13億米ドルからCAGR10.9%で成長し、2026年には22億米ドルに達すると予測されています。eGRC市場の成長を促している主な要因は、厳しいコンプライアンス義務に対応し、ポリシー、コンプライアンス、リスク関連データを包括的に把握する必要性の高まり、データやセキュリティ侵害が増加していることなどが挙げられます。さらに、人工知能(AI)やブロックチェーン技術とガバナンスリスクコンプライアンス(GRC)ソリューションとの統合が進んでいることも、eGRCベンダーにチャンスをもたらします。

COVID 19のeGRC市場への影響

COVID-19の発生により、リスク管理者やコンプライアンス担当者は、このパンデミックへの対応に苦慮しています。この状況の中で、リスクマネジメントの最適化は、事業継続を確保するために組織が取り得る最善の防御策の一つです。企業は、リスクテクノロジーへの賢い投資を通じて、リスクチームの能力を活用しています。通常の状況下では、リスク管理にはプロアクティブであることが最良の選択肢ですが、パンデミックはすでに現実化しているため、最新の動向に迅速に対応できるアプローチに注目が集まっています。また、世界各国のコンプライアンス担当者は、ウイルスを封じ込めるために各国政府が定めたルールや規制を遵守しています。

牽引要因:厳格なコンプライアンス義務の増加

規制環境がますます複雑化し、管理機関が課すさまざまな規制に準拠する必要性が高まっていることから、eGRCソリューションの需要が高まると予想されます。管理機関は、組織がこれ以上の損失を回避するために重要な存在になってきています。コンプライアンスの要件や規制を満たさないと、通常は罰則の形で莫大なビジネス上の損失が発生します。

抑制要因:規制政策の構造の違い

規制政策の構造は、国や企業ごとに異なります。国によっては、これらの政策を管理するために割り当てられた機関を持ちません。この政策は、ビジネス要件に加えて、ミクロ経済的なリスク要因などの複数の要因を考慮して、規制され実行される必要があります。従うべき明確な基準がないことが、eGRC市場の成長を制限する可能性があります。不明瞭な基準は、eGRCソリューションプロバイダーが、様々なエンドユーザーの要求に応えることを困難にしています。一部の地域では、政府機関による規制構造や基準がないため、企業は社内の規制ガイドラインやポリシーの実行に重点を置いています。

市場機会:AIとブロックチェーン技術のeGRCソリューションへの統合

データ量の増加は、監査、リスク、コンプライアンスなどのビジネスの専門家が業務を遂行する方法を強化するためのさまざまな機会を提供します。また、リスクを特定するためにデータサイロを分析するだけでなく、適切なタイミングでステークホルダーに提示する必要性も高まっています。そのため、企業が規制やコンプライアンスの要件を満たすために、多くの企業がAI搭載のソリューションを提供し始めています。分析ツールやビジネスインテリジェンスと統合されたAI搭載のソリューションやプラットフォームは、企業が大量のデータからインサイトを抽出し、それによって情報に基づいた意思決定を行うのに役立ちます。さらに、AI技術はリスク管理に関わる様々なタスクを自動化することができます。一方、ブロックチェーン技術は、企業がGRCデータの管理と共有のプロセスを加速するのに役立ちます。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]