シングルユースアセンブリーの市場規模、2026年に63億米ドル到達予測

シングルユースアセンブリーの市場規模は、2021年の22億米ドルからCAGR23.3%で成長し、2026年には63億米ドルに達すると予測されています。同市場の成長は、従来のステンレス製アセンブリーと比較して、迅速な導入や交差汚染のリスクの低さなど、シングルユース技術の大きな利点によるものです。また、バイオ医薬品の研究開発費の増加と生物製剤市場の拡大も市場成長の原動力となっています。

COVID-19がシングルユースアセンブリー市場に与える影響

COVID-19は、2019年12月に中国武漢で発見された、新型コロナウイルスによって引き起こされる感染症です。COVID-19は、その後、地域的な危機から世界的なパンデミックへと移行しています。世界保健機関(WHO)がウイルスの発生を正式にパンデミックと宣言したことで、シングルユースアセンブーリ市場のプレイヤーだけでなく、既存の製薬会社も、新型コロナウイルスによる感染症をターゲットにした治療法やワクチンの開発に乗り出しています。

牽引要因:迅速な導入とクロスコンタミネーションのリスクの低さ

シングルユースソリューションには、従来のバイオプロセス技術に比べて多くの利点があり、シングルユースアセンブリーの採用が継続的に増加しています。これらの利点には、バイオプロセスサイクルにおけるシングルユースアセンブリコンポーネントの迅速な導入と、クロスコンタミネーションのリスクの低減が含まれます。シングルユースアセンブリーは、人間工学に基づいて設計されており、流路を内蔵することで、セットアップの迅速化と省スペース化を実現しています。この製品設計は、準備、セットアップ、テスト、バリデーション、ドキュメンテーションに関連する時間とコストの削減を目指しています。また、CIP(Clean-In-Place)やSIP(Sterilization-In-Place)の工程が不要なため、ステンレス製のリアクターや再利用可能なアセンブリーと比較して、生産プラントを導入するためのプロジェクトのリードタイムが少なくとも8カ月は短縮されます。このような利点により、シングルユースソリューションは、より迅速なバッチターンアラウンドと製品変更を可能にします。

バイオマニュファクチャリング業界では、製品のクロスコンタミネーションが大きな問題となっています。クロスコンタミネーションの可能性は、同じプロセス機器をプロセスサイクルの中で繰り返し使用する場合に発生します。例えば、不要なタンパク質の混入は、追加の精製ステップを必要とすることで生産収率を低下させ、最悪の場合、共精製されたタンパク質が致命的な治療につながる可能性があります。シングルユースコンポーネントを使用すると、バッチごとに製品の流路を破棄して交換するため、バッチ間での製品のクロスコンタミネーションのリスクがほとんどなくなります。また、シングルユースコンポーネントのメーカーは、通常、クリーンルームで製品を製造・組み立てているため、製品がバイオプロセスに有害な微粒子やエンドトキシンを持ち込まないようにすることができます。このような利点から、バイオ医薬品・製薬業界のエンドユーザーの間でシングルユースアセンブリーの採用が進んでいます。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]