リスク分析の市場規模、2026年に647億米ドル到達予測

リスク分析の市場規模は、2021年の326億米ドルからCAGR14.7%で成長し、2026年には647億米ドルに達すると予測されています。厳しい業界規制への対応、ビジネスプロセスの複雑化、デジタル化やBPAの増加、データやセキュリティ侵害の増加などの要因が、リスク分析ソリューションやサービスの導入を促進すると予想されます。

COVID-19がリスク分析市場に与える影響

COVID-19パンデミックは、クレジットポートフォリオに悪影響を及ぼしています。かつてない失業率の上昇や経済活動に混乱が生じ、顧客や企業の支払能力を圧迫しています。中央銀行は、金利の引き下げや資産購入プログラムによって市場に流動性を注入し、積極的なアプローチをとっています。市場でのボラティリティーの増大は、高額の取引損失、収益への影響、資本の保全などを引き起こしています。ボラティリティーの上昇、価格変動、カウンターパーティーリスクは、リスク加重資産に直接影響を与えています。このように、COVID-19パンデミックは金融市場を混乱させ、グローバル企業の経営にパニックや不確実性をもたらしました。

牽引要因:ビジネスプロセスにおける複雑性の増大

ビジネスが複雑化することで、企業は大量のデータを管理し、潜在的なリスクを特定することが難しくなっています。ビジネスが複雑化する主な要因としては、技術革新の進展、情報管理の不足、複雑な規制、政府の監視などが挙げられます。2008年の金融危機の余波を受けて、組織はより慎重になり、リスク管理に役立つ技術の導入に多額の投資を始めました。さらに、AI、ML、IoT、エッジコンピューティングなどの新しい技術が普及したことで、データが大量に生成されるようになりました。データの増加により、ビジネスが複雑化し、意思決定がより困難になっています。多くの組織で、データ収集と分析プロセスを簡素化する分析ソリューションの導入が始まっています。分析ソリューションは、データから得たインサイトで、複雑さの軽減に役立ちます。

抑制要因:規制遵守の複雑な性質

法規制の遵守事項は、地域ごとに様々な性質を持っています。そのため、企業がコンプライアンスリスクを軽減し、国や企業ごとに異なる規制方針に対応することは困難です。これは、遵守すべき明確な基準がないため、リスク分析市場の成長を制限する要因と考えられます。これは、リスク分析ソリューションプロバイダーにとって、エンドユーザーの要求に応えることを複雑化しています。監督機関による規制構造や基準がない一部の地域では、企業は社内の規制ガイドラインやポリシーの実行に重点を置いています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]