合成ゴムの市場規模、2026年に232億米ドル到達予測

合成ゴムの市場規模は、2021年の191億米ドルからCAGR4.0%で成長し、2026年には232億米ドルに達すると予測されています。合成ゴム市場は、自動車分野の回復によって牽引されています。APAC(アジア太平洋地域)は、中国、インド、その他東南アジア諸国などの存在により、自動車部門で圧倒的なシェアを誇っています。

COVID-19による合成ゴム市場への影響

COVID-19パンデミックにより、2020年の合成ゴム市場は、2019年と比較して11.2%減少しました。これは、サプライチェーンの混乱と最終用途産業からの需要の減少によるものです。また、自動車などの最終用途産業では、2020年第1~3四半期の生産量が2019年の同時期と比較して26%減少しました。最終用途産業からの需要の減少は、合成ゴムの生産にマイナスの影響を与えました。

牽引要因:EVの普及拡大に期待

2019年以降、自動車生産は、販売台数の減少、EVへの消費者の嗜好の変化、規制シナリオの変化、レンタカーやライドシェアへのシフト、一人当たりの支出の減少、景気の悪化などによる影響を受け続けています。さらに、COVID-19パンデミックとそれに伴う製造業務の停止により、2020年の自動車の需要は減少しました。アジア太平洋地域は、世界の自動車生産の50%以上を占めています。 中国、インド、日本、南アジア諸国が自動車生産に大きく関わっており、自動車分野における技術開発やイノベーションは、合成ゴム市場をさらに強化すると考えられます。アジアの自動車産業は、2022年までに回復すると予想されています。

合成ゴムは、従来の金属やその他の素材に比べて高性能な特性を持っているため、電気自動車に多く使用されています。規制シナリオの変化や政府のEV支援政策が合成ゴム市場の成長を支えています。COVID-19のパンデミックの際、欧州では主にグリーン復興基金の下で提供されるインセンティブにより、EVの販売台数が137%増加しました。欧州は販売台数で中国を上回っており、今後も大幅な成長が見込まれています。このように、自動車産業の回復と世界的なEVの普及拡大に伴い、合成ゴムの需要は今後も増加することが予想されます。

抑制要因:合成ゴム製造業界における環境規制と健康被害

厳しい環境規制により、合成ゴムの生産が制限されています。環境保護庁(EPA)は、ゴム加工、タイヤ製造施設、シーラント製造を有害大気汚染物質(HAP)の主な排出源としています。例えば、合成ゴムの一種であるブタジエンゴム(BR)は、製造過程で二酸化炭素、一酸化炭素、その他の有毒な煙やガスなどの有害物質を発生させます。合成ゴム業界には様々な規制があります。このような規制が、世界の合成ゴム市場の成長を制限しています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]