クレーン・ホイストの市場規模、2026年に330億米ドル到達予測

クレーン・ホイストの市場規模は、2021年の260億米ドルからCAGR4.8%で成長し、2026年には330億米ドルに達すると予測されています。建設業からの需要、鉱業の拡大、海運業での使用増加などが、クレーン・ホイスト市場の成長を促進する要因となっています。

COVID-19がクレーン・ホイスト市場に与える影響

2020年、COVID-19はクレーン・ホイスト市場にマイナスの影響を与え、クレーン・ホイストの出荷量とそこから得られる収益が減少しました。その結果、2020年前半には市場の成長トレンドに落ち込みが見られました。後半には、建設業や海運・マテハン業の拡大により需要が増加することが予想されます。一方、パンデミックの悪影響を受けている米国、中国、インド、日本は、世界のクレーン・ホイスト製造で大きなシェアを占めており、市場のバリューチェーンに多大な影響を与えています。自動車・鉄道業界や航空宇宙・防衛業界では、世界的な景気後退により需要が低迷しております。

牽引要因:建設業界からの需要

建設業界は日々拡大し、複雑化しています。インフラ整備に関連した大型プロジェクトは困難を極めています。米国の建設業界は2014年から2024年にかけて27.8%のCAGRを記録すると予測されています。また、アジア太平洋地域や欧州では、インフラ関連の支出が増加しているため、建設業界は拡大しています。中国、インド、米国、英国、インドネシア、フィリピンでは都市化が進んでおり、インフラ投資が加速しているため、関連機器・装置の需要が高まっています。さらに、新たな開発計画の導入やプロジェクトの立ち上げに伴い、建設機械の使用が大幅に増加しています。建設業界では、タワークレーンや移動式クレーンが大々的に使用されています。タワークレーンの使用は、中高層ビルの建設において、原材料や材料の高所への移動を容易にします。また、地上ではセメント袋やレンガ、鉄の梁などの建築資材を動かすための移動式クレーンが必要になります。基礎力学を応用し、ケーブルやホイストを備えた移動式クレーンは、人間の能力をはるかに超える重量物を持ち上げることができます。このような利点から、建設業界ではクレーンの需要が高まっています。

抑制要因:製造・メンテナンスコストの高さ

クレーンの製造には、高品質な製品を開発するための金属の鍛造と精密なエンジニアリングが必要です。クレーンは、ホイスト、トロリー、ブリッジ、コラム、ランウェイなど、多くのコンポーネントの組み合わせです。中小企業がクレーン・ホイストの市場に参入するには、コスト面での障壁があります。クレーンは初期製造コストの他に、一定期間のメンテナンスコストが発生するからです。機器がスムーズに機能するためには、定期的なチェックが必要になります。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]