インターベンショナルラジオロジー製品の市場規模、2026年に141億米ドル到達予測

インターベンショナルラジオロジー製品の市場規模は、2021年の102億米ドルからCAGR6.6%で成長し、2026年には141億米ドルに達すると予測されています。同市場の成長は、慢性疾患の有病率の上昇、高齢者人口の増加、低侵襲手術への需要の高まり、インターベンショナルラジオロジー治療に対する有利な償還シナリオに起因しています。アジア諸国の新興市場は、市場のプレーヤーに成長機会を提供すると予想されます。一方で、先進的な治療法のコスト高やアクセスの悪さが、市場の成長を制限する可能性があります。

COVID-19によるインターベンショナルラジオロジー製品市場への影響

COVID-19の発生により、患者の病院への来院数が減少し、インターベンショナルラジオロジー製品市場にマイナスの影響を与えました。ロックダウンの間、救急サービスや外来サービスは利用できたものの、国民の治療導入が大幅に減少しました。政府や当局がCOVID-19患者のためのリソースを確保しようとするため、選択的手術が一時的に延期されました。

選択的手術や不要不急の手術の減少によるインターベンショナルラジオロジー製品の使用量の減少、定期的な検査の利用率の低下、顧客による設備投資の減少、研究所の閉鎖や臨床検査の減少による研究活動の低下などが、インターベンショナルラジオロジー製品市場に影響を与えています。経済活動が再開しても、インターベンショナルラジオロジー製品の利用率がパンデミック前の水準に戻るには時間がかかると思われます。さらに、COVID-19の感染が再燃した場合、新たなロックダウンや検疫義務などの制限が課せられ、市場の成長に悪影響を及ぼす可能性があります。

牽引要因:低侵襲手術の需要の増加

従来の開腹手術に比べて優れている点が多い、低侵襲手術の需要が増加しています。その利点は、安全性の向上、傷跡の減少、回復の早さ、入院期間の短縮などが挙げられます。また、低侵襲手術の応用分野は、特にCVD、癌、末梢動脈疾患(PAD)などの治療において、進歩した製品や技術の採用により拡大しています。このことは、インターベンショナルラジオロジー製品市場の成長にプラスの影響を与えます。

抑制要因:先進的な治療法のコスト高とアクセスの悪さ

インド、南アフリカ、アフガニスタン、ブータン、ネパールなどの低開発国や発展途上国では、中央集権的な保険制度がなく、自己負担額が高くなっています。このことが、高額な治療法の導入に影響を与えています。発展途上国では、製品が高額であることや、明確な医療保険制度がないことが、先進的な医療処置の導入を妨げています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]