3Dプリント医療機器市場、2026年に51億米ドル到達予測

3Dプリント医療機器市場は、2021年の24億米ドルからCAGR16.3%で成長し、2026年には51億米ドルに達すると予測されています。3Dプリンティング活動に対する官民の資金提供の増加、歯科疾患や整形外科疾患の発生率の高さ、3Dプリンティングを利用したカスタマイズ医療製品の容易な開発、ヘルスケア産業における3Dプリンティング用途の拡大、歯科・医療用途の高度な3Dプリンティング材料の入手可能性、化粧品産業や医薬品産業における3Dプリンティング製品の需要の増加などが、市場の成長を支える主な要因です。

COVID-19の3Dプリンティング医療機器市場への影響

2020年3月中および2020年第2四半期中は、病院がCOVID-19パンデミックに主眼を置くようになったため、3Dプリント医療機器を販売・導入する顧客へのアクセスが減少しました。このパンデミックにより、人工呼吸器の需要が大幅に増加しました。封鎖とサプライチェーンの混乱による製造施設の閉鎖は、2020年の市場の成長にわずかな影響を与えました。ベンダーは、鼻咽頭スワブやフェイスシールドなどの需要をサポートし、不足を緩和しました。

牽引要因:3Dプリンティング活動に対する官民の資金提供の増加

3Dプリンティング業界の取り組みを支援するための官民の資金調達が大幅に増加しています。このような研究・資金調達活動は、3Dプリンティング製品や技術の開発を後押しし、3Dプリンティング医療機器市場の成長を促進します。

市場機会:ダイレクトデジタルマニュファクチャリング

歯科治療などの医療行為のデジタル化は、テクノロジーを取り入れ、臨床のワークフローを改善しています。この業界では、従来の歯科治療や手術からデジタル化への移行が進んでいます。ダイレクトデジタルマニュファクチャリングとは、設計から直接物理的なオブジェクトの開発まで、コンピュータ制御のプロセスを適用することを意味します。3Dプリンターの進化に伴い、ダイレクトデジタルマニュファクチャリングは、従来の製造技術を超えて広く利用されるようになっています。金型への投資が不要になり、設計から生産までのタイムラグが短縮され、生産性が向上するなど、独自のメリットがあります。

課題:高い設備投資と運用コスト

中小規模のエンドユーザーは、資金面の制約から3Dプリント設備を設置することができない場合があります。これは、市場における重要な課題です。高解像度の3Dプリンターのコストは約4万〜10万米ドルと高額です。これらの機器のROIは1〜2年後にしか達成できません。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]