ハイパーループテクノロジーの市場規模、2026年に66億米ドル到達予測

ハイパーループテクノロジーの市場規模は、2021年の12億米ドルからCAGR40.4%で成長し、2026年には66億米ドルに達すると予測されています。市場の成長を促進している主な要因は、移動時間と輸送コストの減少です。他にも、安価で最小限のインフラメンテナンス、ハイパーループネットワークの構築に必要な土地面積の少なさ、地震やその他の自然災害への耐性、輸送におけるエネルギーとしての太陽光発電技術などが挙げられます。一方、ハイパーループ輸送技術に関する認知度の低さ、政府や官僚による規制が整備されていないこと、安全性やセキュリティへの懸念などが、市場の成長を抑制すると予想されています。

COVID-19がハイパーループ技術市場に与える影響

COVID-19は、ハイパーループの進展を遅らせ、サプライチェーンのすべてのステークホルダーに影響を与えています。COVID-19による混乱は、緊急事態よりもはるかに長い期間、輸送やモビリティに影響を与える可能性があります。交通事業者の多くは、2020年3月中旬以降、収入の多くを失っており、財政的安定性とサービス回復能力に対する不安が高まっています。ソーシャルディスタンスの保持から、個人の移動パターンなど今までの傾向が変わる可能性があります。

一方、ハイパーループ技術市場は、APAC(アジア太平洋地域)とその他の新興国を中心に成長が期待されています。ハイパーループ技術の市場は、国や州の間の接続性に対するニーズが要因となっています。制限措置が解除され、活動が徐々に回復すれば、輸送およびモビリティサービスに対する需要はおそらく回復するでしょう。とはいえ、回復の速度は輸送モードや国によって異なり、経済回復の速度、それを支援するための施策のコスト、輸送サービスの需給の変化に大きく左右されます。影響の全体像を把握できるのは2021年末以降であり、危機収束から少なくとも3年後にはその影響が現れてくると思われます。

牽引要因:移動時間と輸送コストの削減

ハイパーループは、平均時速600マイルで走行する最速の通勤手段として期待されています。この交通手段では、ポッドが真空パックされたチューブの中を移動し、時速約500マイルに達します。ハイパーループシステムでは、チューブ内の気圧が低いため、外気との摩擦によってポッドの速度が制限されることがなく、ポッドの高速走行と効率的な推進が可能になります。

低コスト、最小限のインフラのメンテナンス

ハイパーループ旅客輸送システムの予想総費用は60億米ドルから75億米ドルで、高速鉄道プロジェクトよりもはるかに安価です。カリフォルニア州で提案されている高速鉄道プロジェクトの費用は640億米ドル、1kmあたり5600万米ドルで、ハイパーループよりもはるかに高額です。ハイパーループは、新幹線よりも安価な選択肢と考えられています。

ハイパーループネットワークの構築に必要な土地の面積の少なさ

交通プロジェクトのための土地の確保は、重要な問題となっています。インフラとは、文明や企業の運営に必要な基礎的、物理的、組織的な構造のことです。経済や社会の成長には、効率的で信頼性の高い交通システムが必要です。駅周辺計画、滑走路スペースの設計、周辺の公共施設の移転、膨大な建築材料費など、鉄道、空港、港、道路では必要とされるインフラを、ハイパーループでは必要としません。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]