永久磁石モーターの市場規模、2026年に646億米ドル到達予測

永久磁石モーターの市場規模は、2021年の412億米ドルからCAGR9.4%で成長し、2026年には646億米ドルに達すると予測されています。エネルギー効率の高いモーターの需要が増加していること、自動車などの産業で永久磁石モーターの導入が進んでいることが、市場を牽引する主な要因です。永久磁石モーターの初期費用が高いことは、市場の成長を抑制する可能性があります。一方、ロボット技術の成長は、永久磁石モーター市場に有利なチャンスをもたらします。

COVID-19の永久磁石モーター市場への影響

サプライチェーンの混乱により、すでに契約済み、あるいは製造過程にある永久磁石モーターへの短期的な影響が予測されます。業界では、コロナウイルスの蔓延を抑えるための産業の閉鎖や、労働者の罹患により、納入や建設が滞ることが予想されています。永久磁石モーターを製造するための多くの部品は、欧州、中国、アジア太平洋地域などから調達されています。中国や米国での製造上の混乱は、永久磁石モーター市場の短期的な減少につながる可能性があります。また、永久磁石モーターの製造に使用される主要部品は一般的に米ドルで調達されるため、部品コストの上昇につながる可能性があります。

牽引要因:エネルギー効率が高く、メンテナンスコストの低いモーターへの需要

永久磁石同期モーターは、誘導モーターよりもはるかに効率が高く、市販されているトラクションモーターの中で最も電力密度が高いタイプです。そのため、より高効率のモーターへの需要が高まりから、永久磁石同期モーターの需要が高まっています。電子産業、繊維産業、紙パルプ産業などのほとんどの産業では、洗濯機や扇風機の静音化、太陽熱温水ポンプや曇りの日のパフォーマンス向上のための低電圧の改善など、永久磁石モーターを使用して、より高機能な製品を提供しています。また、住宅や商業施設では、空調設備に永久磁石モーターを使用することが求められています。さらに、今後は、電気自動車の約80%に、永久磁石同期モーターを使用することが予想されます。永久磁石モーターを使用した家電製品は、従来のものよりも信頼性が高く、オフグリッドや農村部での使用を想定した仕様になっています。これらのユニークな特徴は、より性能の高い機器に対する顧客の購買意欲を高めています。

抑制要因:永久磁石モーターの高コスト

永久磁石モーター市場の成長を抑制する主な要因は、そのコストの高さです。永久磁石モーターは高効率ですが、高価な希土類磁石を使用しているため、高額です。工業用や商業用の電子機器メーカーの中には、永久磁石モーターへの投資に消極的なところもあります。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]