神経血管デバイス・神経インターベンションの市場規模、2026年に38億米ドル到達予想

神経血管デバイス・神経インターベンションの市場規模は、2021年の25億米ドルからCAGR8.6%で成長し、2026年には38億米ドルに達すると予想されています。対象患者数の増加、継続的な製品開発と商業化、有利な医療費償還、新興市場における医療インフラの拡大、効果的な神経血管デバイスに対する市場需要の増加、神経血管治療分野の研究の増加、低侵襲脳神経外科手術の需要、低侵襲外科手術に関する脳神経外科医の意識の向上などが、今後の同市場の成長を後押ししています。

COVID-19の神経血管デバイス・神経インターベンション市場への影響

COVID-19の発生は、神経インターベンション機器を含む医療機器業界のあらゆる側面に影響を与えています。患者の病院への来院数は大幅に減少しています。COVID-19パンデミック中の神経インターベンション治療の管理にはかなりのばらつきがあります。患者はCOVID-19からの感染を避けるために医療機関の利用を避けており、脳卒中、心筋梗塞、各種がんなど、さまざまな急性・重篤な疾患において、治療率の低下が見られます。神経インターベンション機器市場は、COVID-19患者のためにリソースをさくため、様々な選択的手術が一時的に延期されることが予想されます。また、ロックダウンによる製造施設の閉鎖はサプライチェーンを混乱させ、臨床試験の参加者の減少は、2020年の神経血管デバイス市場全体の成長に影響を与えています。

牽引要因:製薬・バイオテクノロジー業界における研究開発投資の増加

神経外科医や医療専門家は、患者の神経血管疾患の致命的なリスクや重症度を効果的に軽減できる、治療法の選択肢を探しています。てんかん、脳卒中、脳動脈瘤など神経血管疾患の患者数が増加し、対象となる患者の病状が重症化していることから、効果的な神経血管治療の需要が主要市場で高まっています。例えば、脳動脈瘤は世界的によく見られる神経血管障害です。この疾患は、出血や神経障害を引き起こす危険性があり、2020年の米国では、650万人の脳動脈瘤患者が報告されています。

抑制要因 神経血管外科手術および関連製品のコスト高

神経血管外科手術や関連製品のコストの高さは、特に償還政策が不十分な発展途上国において、神経血管デバイス市場を抑制する大きな要因となっています。動脈瘤や動脈の障害を治療するための標準的な処置にかかる費用は、米国では平均45000〜50000米ドルです。さらに、メンテナンス費用やその他の関連する費用は、これらの機器の総所有コストを増加させるため、その導入は制限されています。小規模な病院や独立したASCは、予算上の制約から高額な技術への投資を控えており、これは発展途上国でより顕著です。発展途上国では、高額な費用と不十分な償還シナリオのため、神経学的治療を受けられる患者は限られます。その結果、医療機関は新しいシステムや高度な技術への投資に消極的になり、神経血管デバイス市場は制限されることになります。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]