合成生物学の市場規模、2026年に307億米ドル到達予測

合成生物学の市場規模は、2021年の95億米ドルからCAGR26.5%で成長し、2026年には307億米ドルに達すると予測されています。合成生物学の幅広い応用分野、研究開発費の増加と取り組みの活発化、DNAの塩基配列や合成にかかるコストの低下、市場への投資の増加などの要因が、この市場の成長を後押ししています。しかし、合成生物学に関連するバイオセーフティー、バイオセキュリティ、倫理的な懸念がこの市場の成長を妨げる要因となっています。

COVID-19による合成生物学市場への影響

既存の製薬会社やバイオ製薬会社の多くは、合成生物学市場のプレーヤーとともに、コロナウイルスによる感染症を対象とした検査キット、治療法、ワクチンの開発に合成生物学を提供することで、世界的な研究活動に貢献しようとしています。合成生物学は、欧州議会の報告書の中で、新興技術の一つとして取り上げられており、COVID-19パンデミックに対抗する手段となる可能性があります。米国の国立衛生研究所も、合成生物学をワクチン開発のスピードアップの手段の一つとしています。合成生物学の技術は、ゲノム配列、配列アノテーション、酵素の特性、代謝モデル、実験プロトコル、アルゴリズム、科学的知識など、様々な情報を基にした工学的アプローチを活用することで、ワクチン、治療薬、診断薬の開発・製造に変革をもたらす可能性を秘めています。例えば、DNAやmRNAを用いたワクチン技術は、ワクチンの開発・製造を容易にします。これらのワクチンは、合成されたヌクレオチド鎖で構成されており、このヌクレオチド鎖が個人の細胞を介してタンパク質の形成を引き起こし、免疫反応を誘発します。ウィルスの配列データがあれば、それをワクチン候補に迅速に変換することができます。

牽引要因:研究開発費の増加と取り組みの拡大

研究開発部門は、開発期間や承認サイクルが長いため、従来は資本集約的な性格を持っていました。各国政府は、研究開発が国の発展、国際競争力、公益のために不可欠な投資であると認識しています。そのため、研究開発費や資金はここ数年、着実に増加しています。Business Wire(2020年9月)によると、ライフサイエンス業界の研究開発費は、2018年から2019年にかけて22%急増しました。製薬会社やバイオテクノロジー企業は、ヘルスケア業界の高まるニーズに対応し、新たな病気に立ち向かうための画期的な分子を開発するために、研究に多額の投資を行っています。世界の医薬品研究開発部門は、ライフサイエンス業界の研究開発費全体の約80%を占めています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]