カタログ管理システムの市場規模、2026年には19億米ドル到達予想

カタログ管理システムの市場規模は、2020年の12億米ドルからCAGR10.6%で成長し、2026年には19億米ドルに達すると予想されています。市場の成長を促進する主な要因は、消費者の商品需要の高まり、インターネットアクセスの増加、スマートフォン需要の浸透が挙げられ、電子商取引業界からのカタログ管理ソリューションの促進剤として作用していると考えられます。カタログ管理ソフトウェアの導入を促進する主な要因は、小売・電子商取引、メディア・エンターテインメント、通信・IT、旅行・ホスピタリティなど、さまざまな業種の企業でクラウドの導入が進んでいることと、デジタルトランスフォーメーションの進展に起因しています。APAC(アジア太平洋地域)やMEA(中東・アフリカ)の発展途上国では、ベンダーの市場への参入機会が増えると予想されます。現在、さまざまな業種がデジタルトランスフォーメーションを導入しているため、カタログ管理ソフトウェアのベンダーにとって、市場は収益性の高い市場となっています。このようなソフトウェアやソリューションは、製品やサービスのデータを分類、統合することで、組織やそのバイヤーにとってのデジタルロケーションとなります。製品やサービスの情報を、維持・保存するこのシステムは、時間を節約し、手作業を減らすことができます。

COVID-19によるカタログ管理システム市場への影響

COVID-19パンデミックは、カタログ管理システム市場にプラスの影響を与えています。COVID-19は、小売・eコマース、通信、メディア・エンタテインメントなど、複数の業界でデジタルトランスフォーメーションをもたらしました。これらのソリューションは、チャネル内の商品の迅速なスナップショットを提供し、データをキャプチャしてアップロードし、それを顧客のニーズにマッピングします。また、複数のソースからのデータを使用してカタログ情報を自動作成することで、商品の品揃えを改善し、チャネル間での商品データのシンジケーションを迅速に行うことができます。

牽引要因:Eコマース業界におけるカタログ管理ソリューションの需要拡大

Eコマース業界は、消費者の商品に対する需要の高まり、インターネットへのアクセスの増加、スマートフォンの普及率の上昇などにより、驚異的なペースで成長しています。世界的にオンライン販売が増加しています。フィリピン、メキシコ、インド、中国などの国では、Eコマース業界が急速に成長しています。カタログ管理は、サービス提供にかかるコストの削減、顧客体験の向上、従業員の効率化など、ビジネス全体の機能向上に役立ちます。カタログ管理システムソリューションは、あらゆる商品の詳細情報を提供することで、お客様により良いショッピング体験を提供します。これらの利点により、企業は時間を短縮し、Eコマース・プラットフォーム上での商品情報の更新を自動化することができます。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]