ロボット溶接の市場規模、2026年に117億米ドル到達予測

ロボット溶接の市場規模は、2021年の71億米ドルからCAGR10.5%で成長し、2026年には117億米ドルに達すると予測されています。インダストリー4.0原則の導入が激化していることや、自動車や輸送業界における溶接ロボットの進展が、市場の成長を促進しています。

COVID-19によるロボット溶接市場への影響

COVID-19の発生と拡散は、2020年のロボット溶接市場にマイナスの影響を与え、出荷数が減少しました。その結果、2020年前半は市場の成長トレンドに陰りが見られました。この傾向は2021年の第1四半期まで続きました。2021年第3四半期には、自動車、電子機器、産業機械などの工業製品の生産量や需要の増加に伴い、溶接ロボットの需要が急増すると予想されています。

牽引要因:インダストリー4.0原則の採用の激化

インダストリー4.0は、人間の干渉をほとんど無視して、製造プロセスを完全に自動化します。インダストリー4.0は、インダストリアル・インターネット・オブ・シングス(IIoT)、サイバーフィジカルシステム、クラウドロボティクス、クラウドコンピューティング、ビッグデータなどに作用します。そのため、溶接ロボットメーカーは、インダストリー4.0に対応したロボットをネットワーク化してインテリジェントに生産する方向にシフトしています。

自動車・輸送、金属・機械、電気・電子、航空宇宙・防衛などの多くのエンドユーザー産業では、生産性、柔軟性、安全性、および品質の向上から、消耗品、生産コストの削減など、インダストリー4.0に関連するメリットを活用するために、このコンセプトを製造プロセスに導入し始めています。ロボット溶接市場のプレーヤーは、エンドユーザー業界の大手企業と協力して、先進的なインダストリー4.0対応ソリューションを展開しています。例えば、2020年10月、富士通、ファナック、NTTコミュニケーションズの3社は、工作機械業界でのデジタルトランスフォーメーション(DX)を支援するクラウドサービスを提供する新会社、株式会社DUCNETを設立しました。また、2014年初めには、米国最大級の自動車会社であるGeneral Motors(GM)が、溶接ロボットのサプライヤーであるファナック株式会社、CISCO SYSTEMS株式会社とともに、Zero Down Time(ZDT)ソリューションを開発しました。これは、製造工場全体のロボットから収集したデータを分析し、生産停止につながる潜在的な問題を検出する、クラウドベースのソフトウェアプラットフォームです。このソリューションを導入することで、GMは100件以上のダウンタイムを回避することができ、会社に大きなROIをもたらしました。自動車業界では、ダウンタイムが発生すると、1分あたり約2万米ドルのコストがかかると言われています。これらの要因により、高度な溶接ソリューションへの需要が高まり、市場の成長を促進しています。

抑制要因:自動化による失業のイメージ

溶接ロボットの使用が増えると、低スキルの労働者が代替として置き換えられます。しかし、長期的にはリスキリングやアップスキリングによって、より多くの雇用を創出することができます。これはほとんどの先進国に当てはまることですが、低スキルの労働者の割合が高い発展途上国では当てはまらないかもしれません。例えば、日本や米国では、自動化への投資は労働年齢人口の減少に対応したものですが、インドなどの新興国ではそうではありません。発展途上国で自動化が浸透すると、置き換えられる可能性のある雇用の割合は、先進国に比べ、はるかに高くなります。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]