追跡ソリューションの市場規模、2026年に73億米ドル到達予測

追跡ソリューションの導入は、近年、多くの製造企業や規制機関が採用している重要な戦略です。追跡ソリューションの市場規模は、2021年の41億米ドルからCAGR12.1%で成長し、2026年には73億米ドルに達すると予測されています。同市場の成長は、シリアル化を実施するための厳格な規制・基準、メーカーのブランド保護への注力、パッケージ関連製品のリコール件数の増加、ジェネリック市場およびOTC市場の高成長、医療機器業界の成長などが主な要因となっています。一方で、シリアル化やアグリゲーションに伴う高コストや長い導入期間、膨大なセットアップコストなどが市場の成長を制限すると予想されます。

COVID-19が追跡ソリューション市場に与える影響

COVID-19の影響により、2020年に入ってから、国が国境を閉鎖し、交通手段を制限したため、国際的な取引や輸送に支障が生じました。これにより、追跡ソリューション市場のサプライチェーンが寸断され、世界経済や資本市場の不確実性から、一時的に需要が減少しました。

イメージング機器、デンタルケア機器、手術用製品などの医療機器の全体に占める割合は、60~75%に至ると推定されます。しかし、2020年から2021年の数四半期にかけて、この成長がある程度停滞する可能性があります。クリティカルケア医療機器を含む医療機器業界は、2021年までに50~70億米ドルの新たな市場機会が開かれています。また、パンデミックが製薬業界に与えた影響は、鼻腔内薬物送達技術の製品の増加や、ワクチン開発への注力など、ポジティブなものでした。COVID-19パンデミックにより、製薬会社で行われる研究開発の数は大幅に増加しています。世界中の科学者や研究者が、COVID-19の治療のためのワクチンや薬剤の開発に取り組んでいます。このシナリオは、追跡ソリューション市場に直接的な影響を与え、まだ初期段階にある医薬品追跡システムは、今回のパンデミック後に、より注目され機能的なものになると推測されます。

今回のウイルスにより、製品の追跡と特定の重要性が浮き彫りになり、その結果、製薬会社のコストを最小限に抑え、マスク、手袋、体温計、消毒薬などあらゆる種類の製品の偽造、闇取引、備蓄を減らすサプライチェーンが実現しました。製品シリアル化サービスにより、製薬会社のためのオープンで安全なサプライチェーンを確立することが重要になっています。また、政府による規制の実施も不可欠です。これにより、生命を脅かす偽薬の危険性を取り除くができます。これはCOVID-19ワクチンに限らず、すべての医薬品や医療機器に当てはまります

一方で、世界の医薬品生産の多くは、いまだに中国などの地域に依存していますが、このパンデミックをきっかけに、発展国など現地での生産・調達から欧米へのサプライチェーンの再送まで、よりオープンな形へと変化しています。このリパトリエーションは医薬品業界の将来にとって非常に重要であり、欧州が必須医薬品生産のグローバルセンターの一つとなることを目指している。医療機器への需要のシフトにより、主要プレーヤーは、製造能力を戦略的に高め、新製品の開発に注力し、COVID-19の必需品に集中したサプライチェーンを提供することを余儀なくされています。これに加えて、医薬品の開発、製造、包装も増加しており、追跡ソリューションの採用が進むと予想されます。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]